ナス栽培

ナス楽天 は生でも、煮ても、焼いてもおいしく食べられます。ナスを植えていると、新鮮なナスが食べられます。夏の食欲のない時には、なすのしぎ焼きや酢の物が最適です。なすびは、いろんな漬物にしても人気がありますね。

ツヤツヤのナスがたくさん収穫できますように。

ナスの苗の植え付け2週間前

ナスの苗の植え付け2週間前に、苦土石灰は150g/m2まいて、深さ約30cmぐらいまでよく耕します。

ナスの苗の植え付け1週間前

たい肥は4kg/m2、化成肥料は100g/m2をまいてよく混ぜておきます。熔成リン肥は、50g/m2を根の先端にまくようにして混ぜ過ぎないように注意します。

畝は、幅が約50m、高さが約10cmほどにして、ポリマルチを敷いておきます。

ナスの苗の植え付け

株間約60cmでポリマルチに十文字にカッターで切り込みを入れます。我が家では、ポリマルチを敷きませんでしたから、稲わらを敷きました。

前日には、植え穴を掘ってたっぷりと水やりをしておきます。

植え付け当日、ナスの苗の根鉢を崩さないように植え付けます。深植えをしないように気をつけます。周りに水やりの浅い溝をつけておきます。

肥料などの入っていたビニール袋を半分に切って、あんどんを作り、袋の中の四すみに支柱て立てて袋を広げるようにします。また、気温が低い時には、ビニールトンネルをかけると良いそうです。

病気予防のために、ナスの根元にニラを植えると良いそうです。こんな裏ワザがあったのですね。来年は試してみたいものです。

3本仕立て

一番花が咲いた下の脇芽とその下の脇芽の2本と主枝の3本仕立てにする方法があります。その下の脇芽はつみます。

支柱をして、ひもでしばっておきます。

敷きワラ

梅雨に入る前に敷ワラをしておきます。初めは薄く、地温が上がったら敷ワラを厚くすると良いです。

ナスの追肥と収穫など

追肥
植え付け1か月後から、月1回程度、化成肥料は30g/m2をまきます。私は、株間に油カスを施してみました。水やりの度に少しずつ溶けるので良いそうです。結構、実付きが良かったです。
収穫
苗が小さい時には、実を大きくしないうちに収穫します。実だけ収穫する方法と、枝ごと収穫する方法があるようです。
アブラムシ対策
アブラムシ除けに、春菊の花が効くと聞いたので、シュンギクの花をちぎって苗のまわりにまいておきました。今年は、虫が少なかったように思います。しかし、淡桃色をした黒い点々のある、ニジュウヤホシテントウが葉っぱを食い荒らして困りました。

ナスの栄養、効能と健康効果

ナスの紫紺色はナスニンと呼ばれるアントシアン系の色素で、ポリフェノールの一種です。強い抗酸化力があり、ガンや生活習慣病の予防に効果があります。また、コレステロールの吸収を抑えたり、血栓予防、眼精疲労の改善などの効果もあります。

ナスは体を冷やすことから、「秋茄子は嫁に食わすな」ということわざがあるくらいです。喘息の人には、ナスの食べすぎは良くないと言います。

なすの汁はイボ取りに効果があるそうです。なすをおろしてしぼった汁を、毎日イボに塗ると、徐々にイボが消えていくと言います。目の縁にある小さなイボに試してみたいと思います。

キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/03/25