乳児揺さぶられ症候群

乳児揺さぶられ症候群は、乳幼児が体を激しく揺さぶられることで、未発達の脳が頭蓋骨に打ち付けられて損傷する脳障害のことです。重い場合は死に至ります。日本小児科学会では、児童虐待の一例と位置づけています。

双子の妹、泣き止まず、母を逮捕

2010年10月23日、生後6ヶ月の双子の妹が、泣き止まないので、母イライラし、激しく赤ちゃんを揺さぶり脳に損傷を負わせたとして、母親が傷害致死の容疑で逮捕されました。

母は、子育て楽天 に悩んでいたそうで、夫が昼休みに戻って育児を手伝っていたそうです。

過去の乳児揺さぶられ症候群の事件

乳児揺さぶられ症候群で、子どもが死亡、障害を負った事件は、2008年以降主なケースだけで、全国で7件あり、2010年には5件も起きています。

年月日 場所 内容の詳細
2008年 1月 千葉市 父親(36)が、生後2ヶ月の長男に重症を負わせた。泣き止まない長男を抱いて激しく揺さぶり、ベッドの上に放り投げた。
2008年11月 兵庫県伊丹市 母親(31)が、5歳の次女の頭を布団にたたきつけたか、頭を激しく揺さぶるかで、死亡そせた。
2010年 2月 大阪府藤井寺市 父親(22)が、生後3ヶ月の長男を10回強く揺さぶり重症を負わせた。
2010年 3月 兵庫県三田市 継母(27)が、5歳の長女の頭をソファに何度も打ち付けて死亡させた。継母は黙秘。
2010年 4月 札幌市 父親(20)が、生後4ヶ月の次男を高く放り投げたり、ゆりかごを激しく揺すって脳に重症を負わせた。
2010年 4月 大阪府寝屋川市 父親(26)と母親(27)が頭を揺さぶったせいで、三女(1)が意識不明になって運ばれ、2ヶ月後に死亡した。
2010年 7月 大阪府堺市 母親(24)が、生後2ヶ月の長女を強く揺さぶり、脳に損傷を与えた。

育児中の親への対策

虐待相談を受け付ける民間などの窓口

子どもの虐待防止センター
03-5300-2990全国からの相談を受け付けています。平日の午前10時〜午後5時、土曜の午前10時〜午後3時
全国子育て・虐待防止ホットライン
0570-011-077各地の民間団体につながります。平日の平日の午前10時〜午後5時、土曜の午前10時〜午後4時
チャイルドライン
0120-99-777718歳以下の子どもからの相談全般に対応。月〜土の午後4時〜9時
児童相談所全国共通ダイヤル(公的機関)
0570-064-000各地の児童相談所につながります。24時間対応。
キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/01/26