手作り健康酒

新鮮な果物や野菜などを使って、手作り健康酒を作り、疲れた時などに飲んで健康に暮らしたいものです。

旬のものを使って、その栄養をお酒に閉じ込め、必要な時に飲むといいですね。特に自分で作ったものには愛着もあるし、効き目も大きいと思います。

いちご酒(イチゴ酒)

いちご酒(イチゴ酒)は、なんといっても美しい色に特徴があります。ルビーのように上品な赤になります。

いちご酒の効能
新陳代謝の促進、血行促進、滋養強壮、健胃整腸などの効能があります。
いちご酒の作り方
  1. 材料は、 ホワイトリカー1.8リットル、 いちご500g、 砂糖大さじ3杯です。
  2. いちごを水洗いして、へたを取ります。  
  3. 小粒はそのまま、大粒は半分に切ります。
  4. 殺菌した清潔な瓶にイチゴを入れ、砂糖大さじ3杯を入れます。
  5. ホワイトリカーを注ぎますが、瓶の9割程度までにし、蓋をして密閉します。
  6. ラベルに名前、作った日付などを書いて、瓶に貼っておきます。
  7. 1週間ほどしたら、いちごを取り出します。
  8. 冷暗所に保管し、3〜4ヶ月したら熟成します。味わってみてください。

梅酒

健康酒として一番有名なのが、この梅酒でしょうか。梅酒には、梅干し用の梅を使います。

梅酒の効能
新陳代謝の促進、健胃整腸、疲労回復、食欲増進、解熱、食あたりなどに効きます。
梅酒の作り方
  1. 材料は、 ホワイトリカー1.8リットル、 青梅1kg、 氷砂糖大さじ2〜5杯です。
  2. 梅はよく洗ってから、拭きます。その後、ザルにあけて自然乾燥させます。
  3. 清潔な大口の瓶に梅を入れます。氷砂糖、ホワイトリカーの順に入れます。
  4. 冷暗所に保存し、時々瓶を上下に振り、混ぜます。
  5. 梅の実は6ヶ月ほどで取り出し、料理やお菓子に使ってください。
  6. 3〜4ヶ月したら熟成します。味わってみてください。 

りんご酒

りんご楽天 酒には、酸味の強い、原種に近いものが適しているそうです。

りんご酒の効能
新陳代謝の促進、疲労回復、整腸、便秘、冷え性、美容、貧血、滋養強化などに効きます。
りんご酒の作り方
  1. 材料は、 ホワイトリカー1.8リットル、 りんご400g、 砂糖大さじ3杯、好みでレモン1個入れます。
  2. りんごは、よく洗って4ツ切りにします。芯や種を取らずに瓶に入れます。
  3. 砂糖、スライスレモンを入れ、ホワイトリカーを入れ冷暗所で保管します。
  4. りんごは、10日で取り出し、種だけ戻しておきます。
  5. 約3ヶ月で、淡い琥珀色をしたりんご酒が熟成します。味わってみてください。

ブルーベリー酒

赤いお酒ができます。眼精疲労への効果も期待されています。

ブルーベリー酒の効能
新陳代謝の促進、疲労回復、強精強壮、健胃整腸などの効能があります。
ブルーベリー酒の作り方
  1. 材料は、 ホワイトリカー1.8リットル、 ブルーベリー3カップ、 砂糖大さじ3杯です。
  2. ブルーベリーをよく水洗いし、自然乾燥してから清潔な瓶に入れます。
  3. その上に砂糖、ホワイトリカーを加え、冷暗所で保管します。
  4. ブルーベリーの実は、1ヶ月ほどで取り出します。
  5. 約3ヶ月で、真っ赤に熟成します。味わってみてください。

びわ酒

びわ酒には、小粒の野生種のびわが適しています。香り高い美酒ができるようです。

びわ酒の効能
新陳代謝の促進、疲労回復、強精強壮、健胃整腸などの効能があります。
びわ酒の作り方
  1. 材料は、 ホワイトリカー1.8リットル、 びわの実を瓶の1/3の量、 砂糖大さじ3杯です。
  2. 枇杷の実をよく水洗いし、自然乾燥してから清潔な瓶に入れます。
  3. その上に砂糖、ホワイトリカーを加え、冷暗所で保管します。
  4. 3〜4ヶ月で琥珀色に熟成します。熟成したら実を取り出し、種は瓶へ戻しておきます。味わってみてください。

きんかん酒

キンカン(金柑)は、甘みと芳香に特徴があります。きんかん酒にして薬効も期待できます。

きんかん酒の効能
新陳代謝の促進、疲労回復、風邪、喉の痛み、咳止め、補血、神経痛、美容に効果があります。
きんかん酒の作り方
  1. 材料は、 ホワイトリカー1.8リットル、 キンカン300g、 砂糖大さじ3杯です。
  2. キンカンをしっかり洗って、農薬を除去し、竹串などで穴をあけて漬け込みます。
  3. キンカンの実、砂糖、ホワイトリカーの順に入れ、冷暗所で保管します。
  4. キンカンの実は1ヶ月で取り出します。3〜4ヶ月で熟成します。味わってみてください。

あんず酒

あんずは中国が原産地です。アンズの種は、杏仁(あんにん)で、昔から解熱、咳止め、疲労回復に効果があると言われてきました。

あんず酒の効能
新陳代謝の促進、滋養強壮、食欲不振の緩和などの効能があります。
あんず酒の作り方
  1. 材料は、 ホワイトリカー1.8リットル、 あんず1kg、 砂糖大さじ3杯です。
  2. あんずの実をよく水洗いし、自然乾燥してから清潔な瓶に入れます。
  3. その上に砂糖、ホワイトリカーを加え、冷暗所で保管します。
  4. 3〜4ヶ月で琥珀色に熟成します。熟成後もあんずの実を入れておくと、果実も酒も口当たりよくおいしくなるそうです。

クコ酒

クコは、不老長寿の薬と言われます。本州から南に分布するナス科の落葉低木です。湿った場所を好みます。クコ酒には、実、葉、茎を使うそうですが、ここでは実だけを使った作り方です。

クコ酒の効能
滋養強壮、高血圧予防、肝臓、利尿、腎臓機能の促進などの効能があります。
クコ酒の作り方
  1. 材料は、 ホワイトリカー1.8リットル、 クコの実カップ3、 砂糖大さじ3杯です。
  2. クコの実をよく水洗いし、自然乾燥してから清潔な瓶に入れます。
  3. その上に砂糖、ホワイトリカーを加え、冷暗所で保管します。
  4. 3〜4ヶ月で茶褐色に熟成します。この時に実を取り出します。(クコの葉や茎を使う場合には、分量を瓶の半分にして、1週間で取り出します)

ヨモギ酒

ヨモギは、道端や山でもよく目にします。キク科の多年草で、独特の芳香があります。健康酒には、花、葉、茎も利用できます。

ヨモギ酒の効能
疲労回復、健胃整腸、風邪、喘息、リウマチ、冷え性、神経痛などに効能があります。
ヨモギ酒の作り方
  1. 材料は、 ホワイトリカー1.8リットル、 生ヨモギ300g、 蜂蜜大さじ3杯、レモン1個です。
  2. ヨモギはよく洗ってから、半日日陰干ししてから瓶に入れます。
  3. 蜂蜜、レモン、ホワイトリカーの順に入れ、冷暗所で保管します。
  4. ヨモギは、1週間ほどで取り出します。
  5. 3〜4ヶ月で緑色をおびた黄褐色に熟成します。

アロエ酒

アロエは、ユリ科の多年です。沖縄では昔から健康植物として使われていました。ここでは、コダチアロエを使います。

アロエ酒の効能
新陳代謝の促進、疲労回復、健胃整腸、強精強壮、便秘、美容などの効能があります。
アロエ酒の作り方
  1. 材料は、 ホワイトリカー1.8リットル、 アロエの葉を裁断したものを瓶の1/3〜1/2の量、 蜂蜜大さじ2杯です。
  2. アロエの葉をよく水洗いしてから、細かく刻んだものをガーゼに包むか、5〜6cmに切ってそのまま瓶に入れます。
  3. 蜂蜜、ホワイトリカーを加え、冷暗所で保管します。
  4. アロエの葉は1ヶ月で取り出します。
  5. 3〜4ヶ月で琥珀色に熟成します。味わってみてください。

シソ酒

シソは、食用や薬用として広く使われています。シソは香りの高い香草です。健康酒には、葉、茎、花など地上部をすべて使います。

シソ酒の効能
新陳代謝の促進、疲労回復、健胃整腸、便秘、鎮痛、貧血、去痰、咳止め、強壮などの効能があります。
シソ酒の作り方
  1. 材料は、 ホワイトリカー1.8リットル、 シソ300〜400g、 蜂蜜大さじ2杯です。
  2. シソは洗ってから、1日ほど日光で半干しし、適当な大きさに切って瓶に入れます。
  3. 次に蜂蜜、ホワイトリカーを加え、冷暗所で保管します。
  4. 葉は1週間後に取り出します。
  5. 3ヶ月で紫褐色に熟成します。味わってみてください。

セロリ酒

独特の香りが特徴のセロリ、健康茶には茎と葉を使います。

セロリ酒の効能
新陳代謝の促進、滋養強壮、血行促進、解熱、鎮静・鎮痛などの効能があります。
セロリ酒の作り方
  1. 材料は、 ホワイトリカー1.8リットル、 セロリ茎ごと4〜5本、 蜂蜜大さじ2杯、 レモン1〜2個です。
  2. セロリは洗って水切りし、2〜3日天日で半干ししておきます。
  3. セロリ、蜂蜜とスライスレモン、ホワイトリカーの順に瓶に入れ、冷暗所で保管します。
  4. セロリは、10日後に取り出します。
  5. 3〜4ヶ月でオリーブ色に熟成します。味わってみてください。

チャノキ酒

中国から薬用としてチャノキは入って来ました。今では殆どが緑茶用として栽培されています。

健康酒として使うのは、緑色の未熟果か、熟後の種子かどちらかです。作り方はどちらも同じです。

チャノキ酒の効能
新陳代謝の促進、疲労回復、健胃整腸、利尿、鎮痛、覚醒などの効能があります。
チャノキ酒の作り方
  1. 材料は、 ホワイトリカー1.8リットル、 チャノキの種子を瓶の1/3量、 砂糖大さじ3杯です。
  2. 種子を水洗いし、日に干して水気を切ってから瓶に入れます。
  3. 砂糖、ホワイトリカーの順に加えて、冷暗所で保管します。
  4. 種子は1ヶ月ほどで取り出します。
  5. 3〜4ヶ月で濃い琥珀色に熟成します。味わってみてください。
キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/08/26