ゼラチンで料理が変わる

ためしてガッテンで、ゼラチンの効用を紹介していました。ゼラチン楽天 は、コラーゲンからできていて美容にいいと言われます。手軽に使えるゼラチンを使って健康に美容に役立てたいものですね。

ゼラチンとは

ゼラチンとは、コラーゲンに熱を加えて使いやすくしたものです。主に牛や豚のコラーゲン(骨や皮)から作られています。ですから、タンパク質が多く含まれ美容にも最適です。

ゼラチンは昔からニカワと呼ばれ接着剤として使われて来ました。今では食用、医療用、写真用、工業用などに広く使われています。

ゼラチンの栄養

ゼラチンの栄養は、約87%がタンパク質、約12%が水分、残りが灰分・その他となっています。

ゼラチンには8種類の必須アミノ酸と、10種類のアミノ酸が含まれています。必須アミノ酸のリジンを多く含み、リジンはブドウ糖の代謝促進や、カルシウムの吸収を良くします。ゼラチンには必須アミノ酸のトリプトファンが含まれていないので、トリプトファンを多く含む乳製品と合わせて摂ると完璧となります。

ゼラチンを入れると料理がおいしくなる

例えばラーメンに入れると、コクが出て、甘みを感じまろやかになると言います。

しかし、ゼラチンの量が多ければいいと言うのではありません。おいしくなる濃度があります。おいしいスープとして飲むにはゼラチンを1%の濃度にします。濃度1%の目安は、200mlの水に対してゼラチン小さじ1強です。2〜3%になるとゼリーのように固まります。また、ゼラチンは、50〜60℃のお湯でないと溶けません。

ラーメンにはゼラチン大さじ1弱(スープ400mlとして)、汁物やスープにはゼラチン小さじ1弱(スープ120mlとして)、煮物には煮汁の1%のゼラチン、カレーやシチューには小さじ弱(スープ140mlとして)がゼラチンを入れる目安です。

ゼラチンの材料によっても味が違う

ゼラチンには、牛ゼラチンと豚ゼラチンがあります。

牛ゼラチンは、あっさりとした味になり、豚ゼラチンは、コクがあり、少し臭みがあるようです。板ゼラチンは、ほとんどが豚ゼラチンだそうです。

牛ゼラチンが合う料理
ラーメン、味噌汁、スープ、煮物、コーヒーゼリーなど
豚ゼラチンが合う料理
ラーメン、カレー、シチューなど

ゼラチンクッキングの利点

ゼラチンの健康効果

ゼラチンを1日5g継続して摂った人が、半年間で歩けるようになったという報告もあるそうです。が、あくまでも食品ですから、過剰な期待はしないようにということでした。

キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/02/26