コーヒー

コーヒーは食後に、仕事に疲れた時の気分転換に飲まれます。コーヒーの香りをかぐだけで、癒しの効果があります。

コーヒーの健康効果もいろいろとあるようです。コーヒーについて調べたいと思います。

コーヒー豆について

コーヒーは、熱帯植物「コーヒーノキ」というアカネ科コフィア属の果実の種子です。コーヒーノキは、1年に1度白い花が咲いて実がなります。半年かけて赤くなるので「コーヒーチェリー」とも呼ばれ少し甘いそうです。

収穫した実は、果肉を取り除いてから乾燥させます。これが、生豆です。虫食いや病気のものをはね、大きさに分けて、品質や香りを評価するようです。

コーヒーノキの原種は、アフリカのエチオピアで自生していたそうで、それが、イエメンに伝わりイスラム教徒たちは疲れをとる薬として栽培していました。17世紀ごろインド経由で世界中に広まったそうです。

コーヒーの肥満予防効果

京都大学の森谷敏夫教授(応用生理学)は、コーヒーを飲むと自律神経が活性化され、脂肪燃焼が高まることを明らかにしました。

カフェイン入りと、カフェインなしのコーヒーを比べると、カフェイン入りのコーヒーの方が、自律神経を活性化する効果が高かったそうです。

自律神経は、満腹感と空腹感のパランスをとり、体重を一定に保つ働きがあります。しかし、加齢、偏った食事、運動不足などで、その働きは低下します。その結果肥満につながると考えられています。

コーヒーを飲んで運動で、脂肪を燃やす

運動をする30分前に コーヒー楽天 を飲みます。

ウォーキングや自転車などの軽い運動の前にコーヒーを飲めば、脂肪燃焼が促進されます。この時には、ブラックで飲むことが大事です。砂糖を入れると、脂肪が使われる割合が低くなります。

国内外の研究で、コーヒーを飲む習慣のある人は、肥満、糖尿病、脂肪肝の発生が抑えられるとのデータもあります。

飲み過ぎはよくないですが、楽しみながら自分に合う量を飲むとよいそうです。

コーヒーは、ストレスを解消、集中力アップ

コーヒーは、ふくよかな香り、深い味わいがあります。

コーヒーは、眠気覚まし、脳をリラックスさせる効果もあります。

コーヒーの香りには、特にブルーマウンテンやグアテマラをかいだ時には、脳波α波が増えていることがわかりました。

また、コーヒーに含まれるカフェインには、集中力を高め、計算力を高める効果が実験で明らかになりました。

仕事中にコーヒーを楽しむのは、ストレスの多い現代人には理想的な休息法だそうです。カフェインには利尿作用があるので、トイレは近くなります。

コーヒーをおいしく飲むコツ

  1. 開封後は早めに使います。(豆なら1ヶ月、粉なら2週間)
  2. 抽出後30分以内に飲みます。
  3. 長時間の保温、温め直しは厳禁です。
  4. 糖分を減らすには苦みの少ないコロンビアやモカやブラジルを使うと良いです。
  5. 胃酸過多の人はクリームを入れて保護します。

コーヒー豆には、脂肪分が含まれています。空気中の酸素に触れると、脂肪が酸化し風味が落ち、体にもよくありません。

コーヒー豆で売られている品種の大半は「アラビカ種」だそうです。産地の気候や高度で味や香りに微妙な違いを生じるが、成分としてはほぼ同じだそうです。

コーヒー豆の輸入先

日本は、コーヒー豆を100%輸入しています。2009年には、39.1万トン輸入しています。ブラジルから約3割が輸入されているのですね。消費量の世界一はアメリカ、日本は4位だそうです。ブラジルでは、砂糖をたっぷり入れて飲みます。

ブラジル 28.2%

コロンビア 19.7%

ベトナム 14.8%

インドネシア 13.4%

グアテマラ 8.5%

その他 15.4%となっています。

日本にコーヒーが入ってきたのは、江戸時代で、本格的な輸入は明治時代になってからで、上流社会の飲み物でした。世界で初めて缶コーヒーを作ったのは45年前で、日本の会社でした。

生豆(なままめ・きまめ)

生豆は、収穫された年度によって分類されています。

ニュークロップは、その年度に収穫され出荷された新しいコーヒー豆のことです。特に10月に新しい収穫年度になってから呼ばれることが多いようです。

カレントクロップは、最新の収穫年度に得られたコーヒー豆で、ニュークロップと同じものを指す場合もあるが、10月から時期が経過した場合にこう呼ぶ場合が多いそうです。

パーストクロップは、前年度に収穫されたコーヒー豆です。

オールドクロップは、前年度以前に収穫されたコーヒー豆をさします。パーチメントコーヒーの状態で数年保管していたものに対する銘柄として扱われます。なおこの狭義のオールドクロップに相当するコーヒー豆は現在ではほとんど入手不可能と言われています。

オールドビーンズは、狭義のオールドクロップとの混同を避けるため、広義のオールドクロップに相当する言葉として作られたものです。古豆。

一般に、新しい生豆は豆の個性がはっきりとしていて香りにも優れていると言われ、古い生豆は個性に欠けるが味に落ち着きがあると表現されることが多いようです。Wikipedia参照。

焙煎豆(ばいせんまめ)

焙煎豆はその焙煎の度合いによって8段階に分類されます。

1.ライト(light)2.シナモン(cinnamon)3.ミディアム(medium)4.ハイ(high)5.シティ(city)6.フルシティ(Fullcity)7.フレンチ(French)8.イタリアン(Italian)の8段階です

一般に、浅煎りは香りや酸味に優れ、深煎りは苦味に優れると言われています。

キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/09/11