髪のおしゃれ

髪は女の命と昔から言いますが、髪型を変えるとずいぶんと若く見えたり、ゴージャスに見えたりと顔の印象が違ってきます。美しい長い髪を風になびかせている姿は、美の象徴とさえ思えます。美しい髪を保つコツなどを知りたいと思います。

若返る髪型は

頭頂部にボリュームを持たせる

若く見える・見せるには、コツがあるそうです。子どもは若く見えますが、顔に対する目の位置が大人より下にあるそうです。

この原理を応用して、大人も目が下にあるような印象を与えます。と言うことは、頭部に髪のボリュームを出して、目が下がったような気にさせるのです。相手の視線をコントロールし、相手の目を錯覚させるのです。

また、頭つまり髪を盛り上げることで、目線を上に引きつけて、頬のたるみや顎のたるみ、口の周りのシワから目をそらさせるという効果があります。

年齢による髪の変化

ある女性は、45歳をすぎて、急に髪の毛のフンワリ感とコシがなくなり、すごく驚いたそうです。年齢を重ねると髪にも変化が起きてきます。

年齢による髪の変化は、髪の密度が減る、髪が細くなる、髪の分け目角度が広がるなどだそうです。年齢による髪の分け目角度の変化は、花王調べでは、20歳代では120度、30歳代では128度、40歳代では135度、50歳代では145度のようになるようです。もちろん個人個人によって違いますが。

対策
頭頂部分をふんわり仕上げるスタイルにすること。地肌のケアを十分して血行を良くすることで、髪にも栄養が行き渡ります。
地肌のケア
地肌のケア楽天 には、マッサージが良いそうです。1日3分でもいいから、毎日続けることが大事だそうです。両手を熊手のように構えて、耳の横から後頭部へとグルグルと揉みほぐす方法でやるようです。

小顔に見せる髪型は

髪をただロングにして、おでこや頬を隠しても、なかなか小顔効果がでません。頸を出すことでくびれを演出し、引き締まった小顔効果が期待できます。

また、めりはりをつけるために、後頭部の出っ張りを強調します。後頭部ふくらませ、横から見て頸の辺りで、へこませます。頸に沿って髪の毛を減らします。

カットせずにくびれを出したい人は、頸の後ろの髪を取り、下の髪を水で濡らします。そして、上の部分の髪(頸の後ろだけ)も濡らし、ドライヤーで頭の形に沿って髪を押さえていきます。髪の根元から毛先へと風を当てます。

ワックスタイプのスタイリング剤を使う
両手の指の間にワックスをなじませ、両耳の上から頸の後ろへ下がるように髪をすいていきます。そうすると、髪型がいい形に固まります。
ミストタイプのスタイリング剤
髪の上からミストをかけて形を整えます。こちらの方が使い勝手が良いかもしれませんね。

髪飾りで豪華に

髪飾りが人気だそうです。クリスタルガラス、毛皮、リボンなどの装飾をほどこした髪飾りです。カチューシャ、かんざしやくしの付いた物など種類が豊富で、よそ行きの装いのアクセントとしても重宝するようです。

三越銀座店
新館の地下1階のヘッドアクセサリーを集めた売り場には、いろんな髪飾りが売られています。売れ筋は1万円台、数千円から取りそろえているそうです。お勧めは、リボンなどの装飾の大きいものに、スティックなど小ぶりのものをいくつか組み合わせる方法です。絹地が大きく波打ったデザインのイージーコーム(26250円)に、クリスタルガラスをちりばめたスティック(20250円)と髪を挟んで留める小さめのクリップ(7875円)を合わせます。3品使ってもゴテゴテした感じにならず、パーティーの装いにぴったりだそうです。売り場では、購入した品で、髪型を整えてくれるサービスを行っています。
高島屋横浜店
ニューヨークで人気のブランド、ジェニファー・ベアの商品を取り扱っています。お勧めは、細かい人口石をあしらったヘアバンド(21000円)で、ゴムがついて伸縮性のある輪を頭にはめるタイプだそうです。両サイドの髪を輪に巻き付けると、優雅な雰囲気のスタイルを作れます。街着にも通勤着にも似合いそうとか。5分あれば、自分で簡単に巻き込めるそうです。
アッカ心斎橋店
アッカは、東京、大阪など全国22店を展開するヘッドアクセサリーの専門ブランドです。日本でデザインし、フランスとイタリアで有名ブランドの小物を手がける職人が、すべて手作りしています。アッカ心斎橋店では、カチューシャなど年間約300種類を扱っています。クリップは、根強い人気で、色やサイズの種類が多く、価格は4725円からと手頃です。ゴムのバンドで留めるタイプでは、スワロフスキーのクリスタルでリボンの形をあしらった商品が好評で、1万円台からあります。ヘッドアクセサリーの認知度が高まり、一緒に使おうと親子で来店する人も多くなったようです。

洗い流さないトリートメントが人気、2010.12

2005年ごろから、浴室で洗いながさなくてもよいタイプのトリートメントが売れ出したそうです。

花王によると、このタイプのトリートメントは、2006年には市場規模が157億円だったのが、2009年には185億円に広がったようです。20歳代の使用率が一番高く、20歳代の6割がこのタイプのトリートメントを使っているそうです。

近年は巻き髪が流行っていて、カラーリングした上にこ、髪型を整えるヘアアイロンなどを使い、髪が傷みやすくなっているからだそうです。

入浴中だけでなく、もっと日常的にトリートメントしたいという女性が増えたそうです。風呂上りに使う商品は、テレビを見たりしてヘアケアができるために、時間を有効に使えます。

ツバキ ウォーター携帯用(資生堂)
スプレータイプで携帯にも便利で、髪に艶を与えます。価格は498円前後です。
エッセンシャルダメージケア・ヘアメイクトリートメント(花王)
ドライヤーなどの熱から髪を守りながら、髪形のセットもできます。価格は800円前後です。
パンテーン・エクストラダメージケア・ディープリペアエッセンス(P&G)
カラーリングなどでひどく傷んだ髪を内部から補修します。価格は980円前後です。
ラックス・スーパーリッチシャイン・髪の美容液オイル(ユニリーバ)
オイルタイプで髪に艶をあたえます。べたつきを抑えてあります。価格は880円前後です。
キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/09/09