首のシワの予防法

女性はある程度の年齢になると、首のシワが気になり出します。夏は特に襟のない服を着るようになると、首筋が目立ちます。

顔の手入れ法はよく知っている方でも、首の手入れ法はどうするのか分からない方も多いと思います。首の手入れ法を勉強したいと思います。

首への美容液は何を使う

首は顔に比べて乾燥しないそうです。頬に比べて1.6倍の保湿力があるようです。だから、「保湿」は重要ではないと言います。

皮膚科専門医のお勧めは、レチノールが入った美容液楽天 だそうです。レチノールは、ビタミンAの一種で、コラーゲン繊維を増やしてくれます。このレチノールは、人によっては刺激を感じる人もいるようです。肌に合わない人は、早めに止めてください。

リン酸アスコルビン酸やビタミンB3のナイアシン入りも良いとのことです。

この美容液は、皮膚に載せる感覚で押さえてつけます。美容液を「すり込む」や「叩く」はよくありません、なぜなら、より浸透するわけではありませんから。

首のマッサージ法

このマッサージは、血圧の高い人、低い人や妊娠中の人、感染症に罹っている人、悪性の病気の人は、しないでください。

両手の人差し指、中指、薬指の3本の指先を使って、指を広く使って軽くマッサージします。

  1. 下唇の下から顎にかけて上から下へと両手の3本指で軽くマッサージします。リンパ液を下に流すイメージです。5回ほどさすります。
  2. 顎の下、顎の中心から左右に耳へとマッサージします。顎を引いてから5〜10回さすります。
  3. 耳の下から鎖骨に向かってマッサージします。5〜10回さすります。
  4. 両手を交差して、耳たぶの一番下の位置を真っ直ぐ下におろし、鎖骨の上側のくぼみをマッサージします。5〜10回さすります。
  5. 最後に、常温の水を約300cc飲みます。

首の紫外線予防など

スカーフやマフラーやストールなどで首を隠す。これらは、自由に取り外しがきくので、暑さ寒さに応じて調節ができるのが便利ですね。ハイネックのセーターなどは、簡単に脱げないので、その点は不便です。スカーフ、ストール、マフラーなどは、いろんな素材の物が売られています。デザインも色も多種多様にありますから、服装に合わせて選ぶことができます。

首にも日焼け止めクリームを塗りますが、忘れがちなのが耳だそうです。耳も日焼けしますから要注意です。

日傘や帽子、UVサングラス、UVカーディガン、UVボレロなど紫外線対策の品々が豊富にあります。自分のファツションスタイルに合わせて選ぶことが可能です。

また、自動車に乗る時、自転車に乗る時、ガーデニンク゛をする時などにも紫外線対策が必要です。

紫外線に当たることも必要ですが、1日約15分程度手足に当てるだけで良いので、洗濯物を干すなどの時間で十分のようです。室内でも窓際では紫外線対策が必要で、カーテンなどを利用します。

アメリカの研究では、北の地域で紫外線に当たる機会が少ない場所では、大腸がんの人が多いということがわかったそうです。また、乳癌、肺がんなども紫外線に当たる量が少ないと罹りやすいそうです。これから、日本でも紫外線とがんの関係が明らかになってくると思います。

日本では、主に紫外線の害による皮膚がんの方が恐れられています。日本は日照が四季を通じて良いほうなので、害の方が多いとは思いますが、実際はどうなのでしょうか。2013.5.

キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/02/29