健康(症状、予防)

ここでは、健康の中でも病気の症状について詳しく載せていきたいと思います。また、病気の予防に関する情報も載せたいと思います。

症状とは、高血圧や高血糖、腰痛、膝の痛みなどです。例えば、腰痛の症状はいろんな病気の時に出ます。原因となる病気を知ることで、自分の腰痛の原因を予想できます。が、医師でも難しいことがあります。素人はあくまでも素人ということは忘れないでくださいね。

予防については、がんの予防、虫歯予防などです。

何といっても健康が一番です。病気の症状については、いろんな症状をよく知っておいて、いざという時に早期発見・早期治療ができるようにしてもらいたいです。また、病気にならないように、病気が重くならないように予防法を実践してもらいたいと思います。

入浴中の溺死の予防

家庭の風呂での溺死は、2004~2015年の12年間で約48400人になりと言います。消費者庁の集計によるものです。その内の約9割が65歳以上を占めています。溺死事故は冬場に多く、温度の急激な変化などで失神・意識障害を起こす恐れがあります。

2004年には2870人、2012年は5097人でした。2015年には4804人で2004年の1.7倍に増加しています。高齢者の人口増加に伴って溺死者も増えていると分析しています。

対策としては、のぼせたり、熱中症になったりしように、浴槽のお湯は41度以下にし、10分以内を目安に風呂から上がるように指導しています。浴槽から急に立ち上がらない、食後や飲酒後の入浴を控えるなどの注意も必要です。

緑茶で生活習慣病の予防を

毎日緑茶を飲むことで、生活習慣病を予防できます。緑茶に含まれる以下の有効成分が効いてくれます。

カテキン
緑茶楽天 カテキンは、脂質吸収を抑える作用があります。血中コレステロールや内臓脂肪を低下させる働きがあります。高コレステロール血症や内臓脂肪は、動脈硬化を進め、心疾患や脳血管疾患のリスクを高めます。カテキンを多く含む緑茶は、メタボリックシンドローム、動脈硬化、心疾患や脳血管疾患を予防します。
テアニン
茶特有のアミノ酸であるテアニンが、脳神経細胞を保護することが発見され、認知機能の低下を抑えられることがわかりました。
インフルエンザ・風邪
緑茶でうがいをすると、インフルエンザ・風邪の予防をしてくれます。茶カテキンには、抗菌・抗ウイルス作用があります。

緑茶を1日2杯以上飲むと、認知障害の有病率が低いという調査結果があります。

また、1日5杯以上緑茶を飲んでいる人は、循環器疾患の死亡リスクが低下し、特に脳梗塞のリスクが著しく低下することがわかっているそうです。

緑茶カテキンは、摂取してから1〜2時間で血中濃度が一番高くなり、その後だんだん低下し、12時間でほとんど検出できなくなります。だから、一度にたくさん飲むよりも、こまめに飲む方が効率がよいそうです。

医師が行っているインフルエンザ予防法

キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2017/01/30