がん予防の食べ物

がん予防に効果のある食べ物がいろいろと発表されていますが、聞き流してしまうとそれまでなので、書きためていって予防に役立てたいと思います。今、現在はがん予防楽天 に良いと言われていても、何年か経つうちにあれはかえってがんに悪い食べ物であった、と言うこともあります。このように医学も薬学も栄養学なども、日々進歩しているので、気がついたものは、更新していきたいです。

発ガンを抑える食品と成分

成分 働き 食品
カロテノイド 強力な抗酸化作用でガンを予防。肺ガン、大腸ガン、乳ガン、食道ガン、胃ガンなどを予防。 ニンジン、カボチャ、ホウレンソウ、トマト、スイカ
ポリフェノール類 植物の種皮や花、葉、茎などに含まれ、紫外線による果実の酸化を防いでいる成分の総称。 赤ワイン、ココア、お茶、ダイズ、ゴマ、ショウガ、イチゴ、ウコン
含硫化合物 アブラナ科の野菜の含硫化合物は、ガンを抑制する抗酸化作用が強く、ネギ属野菜の含硫化合物には、発ガン物質を無毒化する作用があると言われている。 キャベツ、ブロッコリー、ダイコン、タマネギ、ニンニク、ニラ、ネギ
クロロフィル 植物の光合成に欠かせない成分で、遺伝子が傷つくのを防ぐ働き、つまり、発ガンの引き金になる細胞遺伝子の突然変異を防ぐ働きがあると考えられている。 緑色の野菜
ビタミンC、E、セレン ビタミンCは、抗酸化、免疫力強化のダブルパワーである種の発ガン物質の作用を打ち消したり、ガン化した細胞を正常化する。
ビタミンEは、抗酸化作用に加え、免疫力を活性化してDNAの修復をはかる。
セレンは、抗酸化酵素の構成成分で、ガン細胞の発生を防ぐ働きがある。
V.C:カブ、キャベツ、サツマイモ、イチゴ、柿、リンゴ、牡蠣、緑茶など
V.E:カボチャ、ホウレンソウ、ダイズ、ゴマ、アナゴ、イワシ、ココア、豆腐など
セレン:
野菜全般、海藻類、シイタケ、イワシ、カツオなど
食物繊維 便通をよくしたり、腸内の善玉菌を増やしたりして、よい腸内環境を作り出し、大腸ガンを防ぐ。
きのこやエビ、カニの殻に含まれる多糖類は、免疫力の活性化に働き、ガンの発生を抑える。
カンピョウ、切干ダイコン、ゴボウ、カブ、タケノコ、エンドウ、三つ葉、春菊など

デザイナーフーズ・プログラム

1990年、アメリカの国立がん研究所が、健康に役立つ約40種類の食品を選定しました。ピラミッドの頂点に近いほど重要な役割を担うとされています。頂点を1群、その下を2群、その下を3群として記載しています。

デザイナーフーズ・プログラム
1群 ニンニク、キャベツ、大豆、ショウガ、ニンジン、セロリ、甘草
2群 ブロッコリー、ケール、トマト、タマネギ、ウコン(ターメリック)、カリフラワー、ナス、ピーマン、柑橘類、茶、全粒小麦、玄米など
3群 大麦、エン麦、ジャガイモ、キュウリ、アサツキ、バジル、タラゴン、ハッカ、オレガノ、タイム、ローズマリー、セージ、メロン、ベリー、カボチャ、ホウレンソウ、ワサビ

頂点にいくほど、ガン予防の効果が高いとされています。日々の食事に取り入れてがん予防に努めたいと思います。

抗酸化作用のある食べ物(野菜)

活性酸素は、体内の化学反応の過程で発生する危険な酸素です。

発ガン物質の攻撃、ストレスで活性酸素が大量に発生します。そして、体内の酵素だけでは分解しきれず、細胞内のDNAがズタズタに傷つけられガンを発症することに繋がります。

抗酸化作用のある野菜をたっぷり食べると、活性酸素の攻撃から細胞膜やDNAを守ってくれます。

抗酸化作用のある食べ物(野菜)
セロリ 大豆 小麦 ニンジン
玄米 ウコン ナス かんきつ類
お茶 カボチャ トマト きゅうり
ピーマン メロン バジル ベリー類

解毒作用のある食べ物(野菜)

下の野菜が細胞に刺激を与え、細胞に解毒酵素を作らせ、この酵素が発ガン物質を解毒する働きをします。

解毒作用のある食べ物(野菜)
ニンニク ブロッコリー ワサビ カリフラワー
カイワレ ニラ キャベツ アサツキ
タマネギ 芽キャベツ カブ ダイコン
ショウガ (キノコ)

ケルセチンは腫瘍の成長を妨げる

ケルセチンは、玉ねぎに多く含まれていますが、白い実よりも皮の方が400倍も多く含んでいるそうです。

玉ねぎの皮を煮だした液を豆腐(レシチン)と合わせて摂るとケルセチンの吸収がよくなるそうです。

肺がん予防の食べ物 

肺がんと野菜、果物

野菜や果物が少ない食事を摂っていると、肺がんの危険性が高まると言われています。

野菜や果物に含まれるβカロチンを多量に摂れば、肺がんの危険性が低下するかといえば、そうでもないようです。多量のベータカロチン補給剤によって、肺がんの危険性が高くなるというデータがあるようです。

肺がんとセレン

セレンは、肺がんの発生に有益な可能性が示された唯一の栄養素補助剤といわれています。肺がんの死亡数が、セレンの投与で低くなったそうです。セレンを多く含む食品は、野菜全般、海藻類、シイタケ、イワシ、カツオなどです。

また、ビタミンAは、肺がんの予後に有益なことが、動物実験で分かっています。

胃がん予防の食べ物

胃がんの人の食事

幽門(胃と十二指腸の接合部)括約筋を切除した人は、胃の中へ食べ物が逆流したり、食べ物が急速に通過したりすることがあります。それで、胃痙攣、腹部膨満、下痢を起こします。

  1. 食べ物は、ゆっくりと食べましょう。
  2. 少量を回数を多く摂りましょう。
  3. 汁物などの液体は、固形物を食べる合間にすすりましょう。
  4. 濃い甘味料を多く含む食べ物は避けたほうがよいそうです。(砂糖、ハチミツ、ジャム、アイスクリーム、ソフトドリンクなど)
  5. 一部の人は、脂質不耐症になるのて゛、そういう人は脂質の摂取量を減らすようにしてください。
  6. 牛乳不耐症になったら、乳糖を含まない乳製品や飲料を使ってください。

胃がん予防にりんごをすって食べよう

すりおろしリンゴを電子レンジでチンしてソーダで割って飲むとよいそうです。

りんごを加熱すると抗酸化力が高まるそうです。リンゴに含まれるプロシアニジンががん細胞の活性化を抑制してくれます。胃がん細胞が小さくなり自殺してくれるようです。

大腸がん予防の食べ物

大腸がんの発生率は、飽和脂肪酸が多い食事、野菜、果物の少ない食事、運動不足や肥満によって高くなるといわれています。

肝臓がん予防の食べ物

すい臓がん予防の食べ物

乳がんの予防の食べ物

肥満が乳がんの予後に悪影響を及ぼすといわれています。自分の身長に合った健康的な体重を目指して維持するよう努力が必要なようです。

治療中、治療後に中程度の運動をして余分な脂肪を減らすとよいそうです。減量は、回復期に入ってからです。総エネルギーに占める脂肪からのエネルギーを20%にする低脂肪食を栄養学的管理のもとで開始することがよいです。

オリーブ油、キャノーラ油、アボガド、種実類などがよく、赤味肉、鶏肉、脂肪を含む乳製品などからの飽和脂肪酸は制限するとよいようです。魚類(サケ、マス、イワシ)などはお勧めです。

乳がん予防に大豆イソフラボン

乳がんの抑制に大豆イソフラボンが有効とのこと。大豆イソフラボンがエストロゲンを抑えるといいます。

1日に大豆イソフラボンを40mg摂取すると乳がんになりにくいという。これは、1日1パックの納豆に相当する。一般的日本人の摂取量は1日18mgらしい。

味噌汁を1日3杯も摂ると塩分過多になるので、豆腐、あげ、納豆、高野豆腐、湯葉などを上手にメニュー取り入れて乳がん予防に役立てたいものです

*大豆には、エストロゲン様作用もあることから、多量に摂ることは避けるべきです。

錠剤やパウダーなどの大豆成分の濃縮製品、イソフラボンの抽出物や濃縮物のサプリメントで大豆成分を多量に摂ることは避けるべきだそうです。 

乳がんとアルコール

飲酒によって、乳がんの危険性が高まるといわれています。女性のエストロゲン濃度に対するアルコールの作用が原因かも。1日1から2杯にして、多量の飲酒は避けることが賢明のようです。

エストロゲン感受性がある乳がんの女性は、完全に禁酒することが最上の選択のようです。

乳がんと果物や野菜

果物や野菜には、がん予防や予後に役立つ植物性化学物質が含まれています。1日に5盛り以上の果物や野菜を食べると良いと言われています。

高繊維食によってエストロゲン濃度が下がる可能性があるようです。

全粒穀物、豆類、野菜、果物に富んだ食事を摂りましょう。

乳がんと運動

特に、閉経前乳がんの予防に、運動が効果があるそうです。

定期的な運動は、心臓病、骨粗しょう症の予防、体重の管理にも必要です。

前立腺がんの予防の食べ物

前立腺がんと脂肪摂取

動物性食品の多量摂取、特に飽和脂肪酸が多い食事は、前立腺がんの危険性との関連が示されています。高脂肪食で、テストステロン濃度も上昇する可能性があり、前立腺がんの成長が高脂肪食で刺激される一因と考えられているようです。

飽和脂肪酸が少なく、果物や野菜が多く心臓病の予防にもなるような食事をしながら、定期的な運動をすることが大切なようです。

前立腺がんとリコペン(リコピン)

トマト製品に富む食事が、前立腺がんの発生率の低下と関連することを示唆する疫学研究があり、有益な可能性もあるが、証明されてはいないようです。

健康的な食事に含まれるリコペンはよいが、大量のリコペンを含むサプリメントは、安全とも限らないので注意が必要です。

前立腺がんとセレン

セレンは、微量元素の一つ、前立腺がんの危険性を下げるといわれてきました。

爪の中のセレン量の多い男性は、進行前立腺がんの危険性が低いそうです。セレンの補給剤として最も良いのは、無機セレンではなくセレンを強化したビール酵母だそうです。多量の無機セレンは、肝臓や脳に対する毒性が生じる可能性がより高いそうです。 

石原結實先生の「食べ物事典」PHP文庫等参照   西洋医学と東洋医学の両方を学ばれた石原先生独自の考え方が、大変勉強になる本です。ぜひ、読まれることをお勧めします。2007.6.26現在

がん予防がん予防2がん治療と漢方薬のページも合わせてお読みください。

キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/08/21