ファイトケミカル(phyto chemical)とは?

ファイトケミカルは、3000種以上

最近よく見聞きするファイトケミカルとは何だろう?

フアイトケミカルとは、植物の持つ化学物質のこと。3000種以上あるとか。

代表的なものをあげてみよう。

○ ポリフェノールーーーフラボノイド(黄色〜橙色)

○    〃   ーーーアントシアニン(青〜赤)赤ワイン、ブルーベリー、黒豆

○ カテキン             緑茶、紅茶

○ カロチノイドーーーーカロチンーーー人参、かぼちゃ

○    〃  −−−−リコピンーーートマト、すいかの赤色成分

○ ルティン             ほうれん草、ケール、目によい

○ イソフラボン           大豆、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをする。

○ アピン              セロリ、ナス

○ サポニン             あずき、大豆、脂質の酸化を防ぐ

○ MMSC            キャベツ

○ フラボノール           タマネギに含まれるケルセチンは動脈硬化を防ぐ

○ リモネン             みかん類に含まれている香り成分、がん予防、新陳代謝もよくなる 

○ βグルカン            きのこ類にある多糖体、免疫力を高める

植物は動けないので、紫外線、虫毒や有害物質を排除する方法をあみだしたと言われる。ファイトケミカルは、植物が、紫外線、虫毒や有害物質から身を守るために作り出した物質。ファイトケミカルは、抗酸化作用をして植物の身を守っている。

ありがたいことに、ファイトケミカルを食べる事によって、人間にも 抗酸化作用楽天 をおこしてくれるようだ。(活性酸素から人体をガードしてくれる。活性酸素はがんや生活習慣病、老化等、さまざまな病気の原因であるといわれている)

 好き嫌いせずに、いろんな野菜を数多くいただくことが、我々の身を守ることになる。野菜さん、ファイトケミカルさん、ありがとう。 

キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/02/05