岡山県の遊び場

休日には、親子で太陽の下でおもいっきり体を動かして遊んでみてはいかがですか。遊具やアスレチックで遊んだり、ボールを持っていってボール投げをするだけでも、楽しい触れ合いができそうです。

近くの公園でもいいし、また少し遠出をしても、おにぎり弁当を作ってでかけてもいいですね。お金を使わなくても、楽しい思いでは作れますよ。

国際児童年記念公園 こどもの森 (岡山市北区学南町)

こどもの森は、岡山市内の岡山市北区学南町3-6-1にあり、国際児童年を記念して造られ、正式名は、「国際児童年記念公園 こどもの森」です。

ふんすい広場、まるた広場、どうわの森、大すなばなどがあります。ふんすい広場では、暑い日には子ども達は自由に水とたわむれて嬉々として遊んでいます。

まるた広場では、スリルと危機感やどうやって安全に渡ろうかと工夫する力も鍛えられそうです。特にどうわの森では、常設されている遊具やアスレチックが子どもに人気です。

大すなばでは、小さな子ども達も自由な発想で遊べますし、親子で一緒に楽しめます。幼稚園の遠足で行ったこともあります。子どものための公園楽天 を実感できると思います。

ふれあいの森公園(岡山県都窪郡早島町)

ふれあいの森公園は、岡山流通団地内や岡山テルサ、コンベックス岡山のすぐ近く(西側)にある公園です。公園から西側に降りると、マスカットスタジアムが近くにあります

キャンプやハイキングに最適な緑豊かな公園で、トリムコースや吊り橋なども整備されています。

子供たちに人気のトリムコースには、「野こえ山こえ」、「トンネルくぐり」「かべのぼり」「三角もぐら」「ローラーすべり台」「FRPすべり台」「かべあるき」「丸太ステップ」「バランスウッド」「ロープウェイ」「マウンテンクライミング」「M平均台」などの遊具が揃っています。筋力やバランス感覚が育ちそうですね。

池には白鳥もいて、人になれているようです。

灘崎町総合公園・なださきちょうそうごうこうえん(岡山市南区灘崎町片岡)

灘崎町総合公園は、2008年4月にできました。

大型遊具の下には、ゴムチップで舗装されていてクッション性があり、小さな子どもも安心して遊べるようになっています。

隣には、円形状の建物の灘崎町総合福祉センター・「ウェルポートなださき」があります。ここは、市内外の誰もが気軽に立ち寄れる場所だそうで、温水プール、フィットネスルーム、大浴場などの設備があります。

おかやまファーマーズ・マーケット サウスヴィレッジ(岡山市灘崎町片岡2468)

都市と農村、消費者と生産者が、豊かな自然のもとで農林漁業を通じてお互いの交流を深めてもらうために、新しいスタイルの交流体験施設として、平成9年(1997)4月にオープンしました。

園内では、野菜や果物の収穫体験、パンづくり、クラフト工房などで、遊びながら楽しく農業体験や加工体験ができます。芝生広場、年中トマトが実り、ペチュニアなどの花が年中咲いている温室、夏のプール、スペインの農家を模したモデル農家での宿泊も人気で、家族ぐるみで楽しめます。

ロードサイドマーケットでは、朝市の雰囲気の中、地域の産直野菜や花き等の販売もしています。(いちご・桃などの果物、いちごジャムなどの加工品、トマトなどの野菜も人気です)また、夏の間利用できるひょうたんプール(有料)も人気です。

清音(きよね)ふるさとふれあい広場(総社市清音三因)

いろんな遊具があり、子ども達も楽しめます。噴水があり、夏場は水遊びもでき人気のようです。

池があり、鯉や鴨も泳いでいます。変わった鳥がいるそうです。池は急に深くなっているようで、子供さんから目を離さないように注意が必要です。お花見にも最適のようです。お弁当を持って行くと半日は十分楽しめるようです。

坂や階段があるので、ベビーカーを使う人は大変のようです。

かもがた町家公園(浅口市鴨方町鴨方)

かもがた町家公園は、江戸時代の岡山藩と鴨方支藩を結ぶ官道「旧鴨方往来」沿いに、2棟の町家や倉、井戸などを修復し、伝統植物園や芝生広場などをあわせもつ歴史的景観を残す憩いの公園として、平成10年10月に開園しました。

かもがた町家公園は、「日本の歴史公園100選」に選ばれています。ここには、水遊び場があり、2011年度は日除け用テントを増設されたそうです。

水遊び場は、広さ約60平方メートル、水深5〜20cmで、芝生公園横の石畳のくぼみを利用して、開園当初から設けられています。8月31日まで開設されます。暑い夏、特に小さな子ども達のお気に入りの場所となりそうです。

9月末まで限定で「まちや亭」で販売される冷やしそうめん(350円)や惣菜やおにぎり付きセット(1日20食限定で400円)なども人気となっています。まちや亭(交流館内)の営業時間は10時〜15時30分で、食事は11時30分からになります。秋から春にかけては、温かいだしのそうめんを出しています。

緑が多く安らげる空間なので、園内を散策したり、そうめんを味わったりと楽しめそうです。親子連れで出かけて、子どもさんも、たっぷり水遊びを楽しまれるといいですね。

この周辺は、鴨山城跡・磨崖仏、鴨方藩陣屋跡、儒学者西山拙斎の居宅や碑、宮の石橋等の史跡や文化財があり、周辺の寺社とともに歴史的景観を保っている町の文化ゾーンとなっているそうです。

うかん常山公園(高梁市有漢町有漢)

石の風車で有名な場所です。

風の舞台と名付けられた広い芝生広場には、7つの石の風車が並んでいます。

1993年に村おこし委員会の若者のアイディアで作られたそうです。高さ5.5mの場所に取り付けられた石の羽根は、全部で18個あります。一番大きな物は、直径2.4m重さ2トンもありますが、そよ風程度でも回り感動を与えてくれます。

風ぐるま市場では、地元の特産品を販売しています。また、子ども広場では、低学年の子ども向け遊具があります。

まきばの館(久米郡美咲町北)

ヤギやヒツジ、ウサギ、ニワトリなどと遊べます。豊な自然に囲まれた「まきばの館」は、親子連れでのんびり、ゆったりと遊びたい場所です。

岡山県総合畜産センターの触れ合いゾーンとして、レジャーや遠足に人気の場所となっています。

水遊びのできる小川もあります。フィールドアスレチックも楽しめます。バーブ園では、ラベンダーなど100種類もが栽培されています。

また、レストランでは、作りたてのハムやソーセージ、プレミアムソフトクリーム、ジャンボシュークリームなども味わうことができます。

食べて、遊んで、動物に触れ合って、楽しい思いでができますね。

おかやまファーマーズ・マーケット ノースヴィレッジ(勝田郡勝央町岡1100)

岡山県北部の緑豊かな山間地で農業の盛んな勝央町に、農業をテーマとした交流体験型の農業公園として、おかやまファーマーズ・マーケットノースヴィレッジは、平成9年(1997)4月にオープンしました。

季節ごとに色とりどりの花で彩られた花時計が来園者を迎えてくれます。北ヨーロッパ風に整備された静かな環境で、フラワーアレンジメント、トールペイント、パン作りやアイスクリーム作り、季節に応じた収穫体験など、食の楽しさ、農業の楽しさが体験できます。

園内には、20ヘクタール(東京ドーム4.3個分)の広大な自然をいかした広い芝生があり、季節の草花も咲いています。また、季節の食べ物や新鮮な牛乳を味わえるレストランもあります。

そして、農業体験ができる牧場、畑などもあり、なかでも乳しぼり体験、アイスクリームやウィンナー作り、イチゴ狩りなどが人気です。そのほか、ジャージー牛の小屋、放牧場、うさぎ・羊などの動物達とふれあえるふれあい動物園、木製遊具をそろえたアスレチック、バーベキュー広場、森のレストランなど、家族で一日中楽しめる施設となっています。

夏休みには子供向けイベントも開催されます。1棟につき最大11人の宿泊が可能なロッジもあります。

キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/08/28