水害対策

最近、地球温暖化と関係が少しはあるのでしょうが、雨がなかなか降らず、いったん降ると豪雨というありがたくない降り方が多いです。

特に都市部では、地下街や地下鉄などへの浸水、下水管の能力以上の雨水にマンホールからも水があふれ出す内水氾濫に見舞われています。

水害から身や家を守る方法を日頃から考えておきたいです。

都市水害・内水氾濫から家を守る方法

テレビで防災楽天 の専門家が都市水害から家を守る方法を教えていました。川の水などが氾濫し家の前に到達するまで、水害から家を守る準備ができれば幸いです。

対策法を知っていても、時間がなければ間に合わないこともあります。その時には、家よりも自分の命を第一にして、安全な場所に避難してください。

玄関の対策
玄関ドアの前へ水を入れた袋を置いて、汚水が入らないようにします。45リットルのゴミ袋を用意します。2枚重ねにして、中の袋へ袋の半分ぐらいの水(約20リットル)を入れ、空気を抜いてしっかりと口を縛ります。この水入り袋が上下に2個入るほどの大きさのダンボール箱を用意します。この水袋入りダンボール箱を3〜4個、玄関ドアの前に横に並べて置きます。このダンボール箱をビニルシートで包むとより効果があります。
風呂場の対策
お風呂の排水溝から、汚水が逆流してくることがあります。買い物袋に水を入れて上部を結びます。排水溝の上に乗せて汚水が逆流して来ないように重しの蓋をします。浴槽内と洗い場の両方に乗せます。他にも排水溝があれば、同様にします。
トイレの対策
トイレもお風呂場と同様に、排水溝の上に買い物袋に入れた水袋を乗せます。水洗便器の真ん中にも置きます。床に排水口があればその上にも置きます。
家の外の換気口の対策
換気口の前に、玄関の水袋と同様の物を、上下に2つ重ねて置きます。すべての換気口に対策を施します。
洗濯機の場合
排水ホースがしっかり固定されていればそのままでよいようです。
キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/02/08