文殊堂(天橋立智恩寺)

日本の三大文殊楽天 の一つが、天橋立のすぐ近くにある智恩寺の切戸文殊だそうです。他には、黒谷文殊堂(京都東山金戒光明寺)と安倍文殊院(奈良桜井市)があります。

智恩寺は、古代より知られる文殊菩薩の霊場です。丹後地方最大の山門、国指定重要文化財の多宝塔などがあります。

これが山門ですが、この屋根の上にもう一層重厚な建物があります。昼食後だったのでお参りしている人は少なかったです。この建物のすぐ東に天橋立があります。奥に見えるのが文殊堂です。

これが、文殊堂です。線香をあげて拝みました。旅友の人がおみくじを買いました。「吉」でした。他にもいろんな参拝グッズが売られていました。
旅友がおみくじを木に結びつけようとすると、扇子のおみくじが目につきました。珍しいので記念撮影をしました。私は扇子のおみくじを初めて見ました。

「智恵の輪燈籠」です。「九世の渡」の安全を守る輪燈籠で、1726年の刊行物にも書かれているそうです。3回くぐると知恵を授かるとの言い伝えがあります。近くにいた地元の人に尋ねたら輪の回りを三回ぐるぐると回ればいいと教えてくださいました。いまから知恵を授かるよりも「どうぞボケませんように」と、お願いしました。
 向こうに見えるのは、正に天橋立の松林です。阿蘇海側の砂浜も見えていますね。透きとおった海水で緑や紫の海藻もよく見えていました。
文殊堂のすぐ近くにある「橋立大丸」というお食事処兼お土産やさんで、「丹後変わり三色丼とせいろ蒸し御膳」をいただきました。甘エビ食べ放題もついていました。茶碗蒸しやお吸い物もあったので、お腹いっぱいでした。せいろ蒸しは二段になっていて、上が野菜と魚介類、下は豚肉ともやしでした。三色丼はお刺身が載っていました。ごはんが多いので半分は残しました。どびんの中のだし汁を丼にかけていただきました。お腹がいっぱいになって、おいしい甘エビも残りました。
キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/02/15