タマネギ栽培

タマネギは、ジャガイモと同じく野菜の中でも日持ちが良く、カレーや肉じゃが、炒め物などにも幅広く使えて便利です。農業の初心者にも簡単に作れそうです。

タマネギ栽培のコツなどを調べたいと思います。

タマネギの種をまき、苗を作る

タマネギの種のまき時は、関東以西の平坦地の気温を基準にした場合、極早生・早生は9月上旬〜中旬、中生・晩生は9月中旬〜下旬が良いようです。

畑の準備
種まきの2週間前に、苗床となる場所へ1m2当り完熟堆肥を細かく砕いたものを2kgと苦土石灰か熔成燐肥・ヨウリンを一つかみ(100〜200g/m2)まいて、よく耕しておきます。
種まきの1週間前には、元肥として1m2当たり2kg、化成肥料を一つかみ程度(50g/m2)まき、軽く耕しておきます。 雨が降っても水が溜まらないように、高さ15㎝程度にして平らにならします。
種まきの仕方
床の表面を板切れなどで丁寧にならしたら、まんべんなくタマネギ楽天 の種をばらまきます。 種まき後、4〜5mmの厚さに覆土し、手のひらで軽くおさえて水やりをしておきます。草木灰、もみ殻くん灰などを土が見えなくなる程度に覆い、さらに細かく砕いた完熟堆肥を、薄くかけます。
すじ蒔きの場合には、幅70〜100cm、高さ10〜15cmの畝を立て、条間8〜10cmで深さ1〜2cmの浅いまき溝を作ります。5mm間隔で種をまいて薄く土をかぶせます。手のひらで軽く押さえます。わらで畝を覆うようにかぶせ、たっぷりと水やりをします。発芽したら、わらは取ります。わらの代わりにもみ殻でも大丈夫です。籾殻だと取らなくてそのままで良いです。
タマネギの種は光が当たると発芽しにくいので、覆土をきちんとします。覆土は、種の厚みの2〜3倍が基本です。そして、乾燥する時期には、強く押さえて種と土を密着させておきます。小さな苗は乾燥に弱いので、あまりに乾燥するようでしたら水やりをします。
種まき後、不織布のベタ掛けをして水やりをすると、種が流れず、畝の表面の湿度も保てて発芽しやすいそうです。
間引きと追肥
発芽したら、混み合ったところを間引いて1cm間隔ぐらいにします。草丈5cm前後になったら1回目の追肥をして、その倍の高さになったら2回目の追肥をします。
追肥は化成肥料をパラパラの程度にまき、その化成肥料が見えなくなるぐらいに、細かい土を入れておきます。肥料の与えすぎは根が傷むので、1m2当たり大さじ1ぐらいが目安です。薄めた液肥でも良いそうです。苗が草丈20〜25㎝、径4〜5mmになったら移植します。

タマネギの苗の植え付け

タマネギの苗を作るには、2ヶ月もかかるし、まだ9月といっても最近は暑い日が多く、水やりなどが大変です。そこで、タマネギの苗を買って植える人が多いようです。

植え付け2週間前

苦土石灰を100g/m2をまいて、深さ30cmくらいまでよく耕しておきます。

植え付け1週間前

たい肥1kg/m2と化成肥料50g/m2をまいて、土をよく混ぜておきます。

幅100cm、高さ5cmほどの畝を作り、タマネギ用のマルチを張ります。タマネギ用のマルチは、15cm×15cmに穴が開けてあります。

タマネギの苗の植え付け

マルチの穴にタマネギの苗を1本づつ植えていきます。指で穴を開けて、深さが2〜3cmになるように植えます。苗が垂直になるように植えます。

葉がわかれている部分まで、深く植えると苗の成長が止まってしまうので、要注意です。

タマネギバエやタネバエの食害で、急に苗の生育が悪くなったり、枯れたりした場合には、新しい苗を植え替えることも必要です。

追肥について

2月下旬〜3月上旬に、化成肥料50g/m2を追肥します。株元から、マルチの下へ手を入れて、苗の周りの根元から離れたところへ平均にばらまくようにします。

タマネギの収穫

紫玉ねぎの写真

5月中旬から下旬の頃、葉が根元から倒れ始めます。そうすると、球が十分大きくなった証拠です。

7〜8割の株の葉が倒れたら、収穫の時期です。

晴天の日に収穫します。土が濡れていると、保存が悪くなるので注意が必要です。

2013年は、普通の玉ねぎと紫玉ねぎ(サラダ玉ねぎ)を植えました。種から育てたので、感無量です。種は、昨年の9月23日に畑にまきました。暑い時期ですから潅水が大事です。種をまいて約2ヶ月後に、できた玉ねぎの苗を畑に植えました。

来年は早生の玉ねぎを植えても良いかと思いました。春の早い時期には野菜が少ないからです。玉ねぎの葉も柔らかい時期には、ネギとして十分食べられます。お味噌汁などにも細く切って使ってみてください。

左の写真は、紫玉ねぎ(サラダ玉ねぎ)です。そろそろ、葉が倒れてきましたから、収穫の時期が迫って来ました。たくさんサラダが食べられそうです。そして、血液サラサラになりそうです。

2012年の収穫

早生のタマネギと普通のタマネギと2種類植えていましたが、収穫時に混ざってしまいました。孫たちに手伝ってもらいましたから。

収穫日をずらすと間違えないですね。来年からは別の日に収穫することにしましょう。

特別大きな玉ではありませんが、丁度良い大きさのタマネギに育ってくれました。1年中食べるには、少し少ないかもしれませんが、たくさん採れて満足です。

タマネギが血液をサラサラにして、健康を守ってくれることでしょう。

タマネギの保存法

タマネギ6個か8個ぐらいの葉をまとめて縛り、風通しの良い日陰の軒下に吊るしておくと良いです。芽が出る頃まで保存できます。良く乾いたものは、ネットに入れて吊るして保存しても良いそうです。

タマネギの栄養と効能・健康効果

タマネギには、ビタミンB1、B2、Cが多く含まれています。また、イオウを含んだ硫化アリル、グルコキニンが健康効果をもたらします。

硫化アリルは、駆虫、殺菌、防腐、利尿、発汗、解毒作用をしてくれます。血栓防止、抗ヒスタミン作用もあります。硫化アリルは、ビタミンB1の吸収と効率を上げて、体力・気力を高めてくれます。

タマネギには、血管をしなやかに丈夫にし、脳血栓や心筋梗塞、高血圧などの血管病の予防・改善に効果があります。

キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/08/21