ショウガ栽培

最近は、ショウガは冷え性の改善に良いと人気です。ショウガは、薬味として大変調法します。中華料理や甘酒には無くてはなりませんね。

ショウガを育てて健康の増進に役立てたいと思います。

ショウガのタネイモを用意

3月になるとホームセンターには、いろんな種類のショウガ楽天 のタネイモを売っています。

大ショウガ、金時ショウガ、三州白根ショウガなどがあります。ショウガの種イモは、8℃以上で保管し、急激な温度変化を避けます。

ショウガの品種別特徴

大ショウガ
霜が降りる前まで大きくなる晩生種です。さわやかな辛味と香りがあり、薬味、漬物と様々に使えます。半日陰の湿潤で保湿性のある土が適しています。おろしショウガ、酢漬け、味噌漬けなどに。
金時ショウガ
谷中(やなか)と呼ばれます。小ショウガの代表的品種。葉ショウガに向きます。
三州白根ショウガ
夏に出る葉ショウガ(若芽)が美味しい品種。

植え付け1ヶ月前(ショウガの芽出し)

ショウガの苗の写真発泡スチロールのトロ箱や育苗箱などに土を入れて種イモを植え、暖かい場所に置き、芽出しをします。種ショウガは暖かい場所で芽出しをしておくと、植え付け後の生育が早くなります。

発芽の適温は、15〜30℃です。

  1. 芽が出る期間は、20〜25日です。大きな種ショウガは、40〜60gに切り分けて切り口を乾かしておきます。
  2. 発泡スチロールのトロ箱や育苗箱などに土を入れ、種イモを並べ3cmくらい土をかぶせ、ワラを1cmかけて水をやった後に、箱の上からビニールをかぶせます。
  3. 芽の長さは地上2〜3cm程度とし、そのくらいになったら、畑に定植します。

初めてショウガの芽出しに挑戦しました。2013年3月31日に種ショウガを植え、温室で育てました。なかなか芽が出ず、貧相な苗となりました。芽出しに失敗したような?

でも、あきらめず、ショウガの成長を信じて植えてみようと思います。2013.5.28

畑の準備(植え付け2週間前)

苦土石灰を100g/m2まいて深さ約30cmくらいまで、よく耕します。保湿性のある肥沃な土地に植えます。ショウガは、乾燥には弱いが、水はけが悪いと病気が出やすいので注意します。

畑の準備(植え付け1週間前)

堆肥3kgと化成肥料100g/m2をまいて土とよく混ぜます。

タネイモの植え方

畝は幅60〜80cm、高さ10cm程度に作ります。畝に深さ約10cmの溝を掘ります。種ショウガを畝に対して縦向きになるように、30〜60cmの間をとって植えます。土を種イモの上から5〜6cmかけられる深さに、芽が上を向くように植えます。

植え付けは、雨が降った後が最適です。雨が降らない時には、植え付けの前日に畝に水をたっぷりかけておくと良いそうです。

植え付け後マルチをすると地温が上がり芽の成長が早くなります。

追肥と土寄せなど

1回目の追肥と土寄せは、本葉が2〜3枚出た時に行います。畝の肩に化成肥料を30〜50gまき、土寄せをします。乾燥に弱いから1回目の土寄せ後、暑くなる7〜8月頃までには敷きワラをします。薄手のダンボールや紙マルチ、敷き草でもよいそうです。

乾燥には弱いけれど、水やりをすると根茎が腐りやすいので注意が必要です。

1ヶ月後に、2回目の追肥と土寄せをします。1回目と同じ作業です。

8月中旬までに3回目の追肥と土寄せをします。1回目と同じ作業です。

ショウガの収穫時期

夏、葉が2〜3本出たら、種ショウガを痛めないように、葉ショウガを丁寧に収穫します。

秋、9月〜11月頃ショウガの葉が黄色くなったら、霜が降りる前に根茎をすべて収穫します。10℃以下になると根茎が腐るので早めに掘り上げると良いです。

ショウガの害虫

アワノメイガが発生したら捕殺します。

ショウガの栄養と効能・健康効果

ショウガは万病に効くそうです。ショウガは、辛味成分のジンゲロン、ジンゲロール、ショウガオールや芳香成分のジンギベロールなどの総合作用で効くと言います。

発汗、解熱、保温作用、鎮痛作用、鎮咳作用、消化促進効果、強心作用、血圧の調整作用、血栓予防、うつ病の改善、めまいの予防などと万病に効きます。

キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/03/25