母娘の確執

2010年10月20日、NHKのあさイチで、本音トーク特集!母娘クライシス(危機)を取り上げていました。

40歳代の娘とその母の確執を取り上げたものでした。小言ぐちぐち、逆ギレ、暴走母への対処法までは無かったですが、母娘の確執を知るだけでも、私にもありがちだと参考になった次第です。

これからのより良い母娘関係のためにも、現実の赤裸々トークをよく学んで参考にしたいものです。

母娘クライシス(危機)

母娘クライシス(危機)のには、3つの派があるそうです。娘から見た母の姿です。

うんざり派
母がネチネチと小言を言う。嵐のような小言が降ってくる。娘と連絡が取れないと、心配して悪い妄想をし、携帯へ電話をかけてくる。母親は何でも手作りで作って食べさせてきたのに、買ってきたコロッケを食べさせると文句を言う。やることなすことに小言を言ってくる。
すれ違い派
60歳代後半から体調を崩した母。少し連絡を取っていなかったら、白状な子ね。心配してくれてもいいのに。もう、どうでもいいわよー。親の心配をしてもよい年頃のハズ。と言われて、ガツンと来た。
べったり派
夫とこども2人で実家の近くに住んでいる娘は、67歳の母に自分の習い事の時間子どもを預かってもらったり、夕食のおかずをもらったりと、母への依存度が高い。母が娘のスケジュールを聞いてから、自分のスケジールをたてているのを見て、反省している。

現代の 母娘楽天 関係

現代の母娘の関係は、「母親は、嫁いでも娘は娘」、「娘は、頼るのも親孝行」 という意識を持っているそうです。

親子問題・母娘問題

母と娘は、連鎖しているし、父と息子も連鎖していると、言われます。知らず知らずのうちに、親としての姿を子は学び、自分が親となった時に、親から受けた指導、教育を子どもへとやっているのかもしれません。

人によっては、親を反面教師として、絶対に反対のことをすると言う人もいますけれど、実態はどうなのでしょうか。

また、母親の方が父親よりも、自分と子どもが並列して見えるそうです。その点女性の方が修正できるそうです。

母に厳しく躾られた
子どもの頃に母に厳しく躾られたと言う女性は、料理をしている母に、それに合うお皿を準備するように言われていたそうです。そして、試験は100点取って当たり前でほめられたこともなかったし、100点でなかったら、家でできているのになぜ100点取れないのと、言われたそうです。そして、今自分も子どもに対して、100点を取って当たり前という態度をとることがあり、反省しているそうです。
母に振り回された
母が気分が落ち込んでいる時に、学校は休んで欲しいと言われたそうです。そして、今は子どもには、自分のことで子どもを振り回してはいけないとがんばっておられます。

母が育った環境と娘が育った環境(時代)

40歳代の娘を持つ母が育った時代
女子はお嫁に行って、家事と子育てをする
娘が育った時代
女の子も勉強して、社会で活躍する

それぞれの母と娘の関係

キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/08/26