風疹

2013年は、風疹が異常に流行しているそうです。妊婦さんが罹ると赤ちゃんが先天性風疹症候群という病気にかかることがあり、難聴や白内障や心臓に穴が開いたりもすると言います。女性は予防注射を子どもの頃に打っていますが、夫となる年代の人達は風疹の予防接種を受けていません。

予防接種楽天 を受けていないことから、今20〜40歳代の男性の中で流行しているそうです。風疹について調べたいと思います。

風疹とは

風疹は風疹ウイルスの感染によって起こり、発熱、発疹、リンパ節の腫れなどの症状が出ます。風疹は咳やくしゃみなどで飛沫感染します。上気道粘膜より排泄されるウイルスが飛沫を介して伝播されますが、伝染力は麻疹、水痘よりは弱いそうです。

ウイルスなので特効薬はありません。対症療法が中心です。風疹に対する免疫を持たない女性が、妊娠中に風疹に感染すると、胎児が先天性風疹症候群という病気になることがあります。

風疹の症状の経過

風疹ウイルス感染から2〜3週間の潜伏期後、発熱、発疹、リンパ節腫脹が出ます。発熱は約半数の人に出るそうです。ほとんどの場合、発疹は紅く、小さく、皮膚面よりやや隆起します。

発疹が強度の場合には色素沈着や落屑を伴うこともあります。リンパ節は発疹の出る数日前より腫れ、3〜6週間持続します。ウイルスの排泄期間は発疹が出た前後約1週間とされています。解熱すると急速に感染力は消失するそうです。

風疹ワクチンの経緯

2013年に入ってから、毎週300人を超えるペースで増え続け、2013年に入って感染した患者は約2,900人と、2012年の同じ時期と比べると、25倍になっているそうです。

風疹ワクチン接種を受けているかどうかは、世代によって違い大きく4つに分けられるそうです。

1962年以前に生まれた51歳以上の男女は、予防接種の制度自体が無かったので、風疹ワクチン接種をしていません。

1962年〜1979年生まれの34歳〜51歳までの女性は、中学校時代に集団接種を1回行っています。女性が妊娠中に罹ると大変ということで男性には接種しませんでした。

その後は、予防接種による副作用の問題が大きく取り上げられ、予防接種法が大きく変わりました。学校などでの集団接種から、個人が病院へ行き接種を受ける方法に変わりました。そのため、現在妊娠や出産をする23歳〜34歳人達の間にワクチンの接種をしていない人が多くなりました。

その後の世代、1990年以降に生まれた人は、予防接種が2回受けられる制度に変わりました。

そこで、特に注意が必要なのは、1962〜1979年生まれと、1979〜1990年生まれの世代となり、対策として各自治体でワクチン接種の費用を助成する動きが出ています。

先天性風疹症候群

風疹の免疫のない女性が、妊娠中(特に妊娠初期)に風疹に感染すると、先天性風疹症候群の赤ちゃんが生まれる可能性があります。

先天異常としては、先天性心疾患、難聴、白内障、網膜症などがあります。先天異常以外には、低出生体重、血小板減少性紫斑病、溶血性貧血、間質性肺炎、髄膜脳炎などがあります。幼児期以後に発症するものとしては、進行性風疹全脳炎、糖尿病などがあります。

このため、特に妊娠中の人は、風疹に感染しないよう注意し、また家族や職場からの感染にも気をつけましょう。なお、妊娠中または妊娠の可能性がある場合、予防接種を受けることはできません。予防接種後2〜3か月は妊娠を避けることが必要だそうです。

風疹の治療法

対症療法を行ないます。発熱、関節炎などには解熱鎮痛剤を用います。

風疹の予防法

飛沫感染するので、外出後の手洗い、うがいをしっかりします。

風疹は発疹出現の7日前〜出現後5日間に感染性があるとされていますから、風疹と診断されたら、感染するとされる期間は出勤や登校、外出を控えるようにします。

風疹予防には、予防接種(MRワクチン)を行うことが重要です。風疹は定期予防接種の対象となっています。

風疹にかかったことがなく、予防接種も受けていない場合は、かかりつけ医等へのご相談をお勧めします。

ワクチン接種料は、約8000〜1万円かかるようです。風疹の免疫があるかどうか調べるよりも、ワクチンを打った方が早いとテレビで言っていた医師もいました。

キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/02/29