薄毛(男性型、女性型)

頭の髪の毛が薄いと、周りの人はそんなに気にしていなくても、当の本人がひどく気にしている場合があります。そして、人によっては藁をもつかむ思いで、育毛に半年で100万円もかけて効果がなかった、ということもおきています。

日本の成人男性800万人が薄毛を気にしているようです。国民生活センターへも全国から「育毛・増毛・発毛サービス」の相談がたくさん寄せられているそうです。

そんな現状を受けて、2010年4月、日本皮膚科学会は、男性型脱毛症の初の診療指針をまとめました。

余談ですが、薄毛の遺伝は、1〜2割と言われ、母系遺伝があるようです。

男性型脱毛症の診療指針

日本皮膚科学会は、無効な治療や施術を漫然と受け続ける患者さんのためにも、科学的根拠のある治療法は何かを明らかにしたかったようです。

治療欄の()の中は、商品名です。

かつらについては、「治療ではないが、大きな副作用の報告もなく、使用を否定しない」としています。

段階 評価 治療
A 強く勧められる ミノキシジル(リアップ)、フィナステリド(プロペシア、男性の場合)
B 勧められる 自毛植毛
C1 用いても良い
(考慮してもよいが、十分な根拠がない)
塩化カルプロニウム(フロジン液、カロヤン)、t-フラバノン(サクセスバイタルチャージ)、アデノシン(薬用アデノシン)、サイトプリン・ペンタデカン(薬用毛髪力 イノベート)、ケトコナゾール(ニゾラール)
C2 用いない方がよい
(根拠がないので勧められない)
セファランチン(薬用クロウ)
D 行わないよう勧められる 人工毛植毛、フィナステリド(女性の場合)

育毛サロンなどでの問題

飲み薬・フィナステリド(商品名プロペシア)の場合

男性型脱毛症
男性型脱毛症は、思春期以降に、額の生え際か頭頂部の髪の毛のどちらか、または両方が薄くなり進行します。男性ホルモンが、ある酵素によって悪玉男性ホルモンに変わると、脱毛を促すそうです。
フィナステリド
フィナステリド(商品名プロペシア)は、酵素の働きを抑えて、男性ホルモンを悪玉ホルモンに変えさせないことで、脱毛を防ぎます。

フィナステリド(商品名プロペシア)は、2005年に医師の処方薬としては国内で初めて発売された治療薬です。

Aさんは、薄毛楽天 が気になり育毛サロンに通っても効果がなく、フィナステリド(商品名プロペシア)を飲み始めたら半年後に効果を実感しました。1年半ほど経つとさらに髪が増えたそうです。そこで、薬を止めたら半年で薄くなったそうで、また毎日飲んでいるようです。

昨年ミノキシジル(塗り薬)を1%から5%に高めた製品も男性用に発売されたそうで、指針では、5%の使用を勧めています。フィナステリドと併用すると効果が高まると言われています。

費用
薬は保険がきかず、全額自費となります。製薬会社の参考価格は1錠250円です。クリニックでは、診察料も含めると、3ヶ月で約2万5000円となります。1ヶ月1万円前後が相場のようです。育毛サロンで半年に100万円支払ったのに比べると安いと言えますが、どうでしょうか。
育毛剤・シャンプー・マッサージを勧められたら
効果を証明する医学論文の有無や、頭髪関連の学会での発表は十分にあるか、聞くとよいそうです。

女性の薄毛のタイプ 2013.8

AACクリニック銀座では、クリニック受診者2300人を分析し、女性の薄毛は、3つのパターンに分類できることがわかりました。

1つは、「びまん性脱毛」頭頂部を中心に広い範囲が均等に薄くなっていきます。1083人/2300人

2つ目は、額の生え際からM字に進んできます。581人/2300人

3つ目は、側頭部から始まり、その後、額と頭頂部の両方から進行します。301人/2300人

残りの人は、全部位が薄くなります。43人/2300人

325人は、薄毛ではありませんでした。325人/2300人

ここ5年間で来院者は4.7倍に急増しているそうです。

女性の薄毛とは

女性の薄毛の特徴
女性の薄毛は、男性と異なり全体が均等に薄くなりやすいそうです。髪のボリュームが減った、光が頭に当たると地肌が透けて見えるなどの訴えがあります。薄毛に悩む女性のクリニック受診が増え、今では患者の3割近くいるそうです。成人女性の3割が薄毛だそうです。
女性の薄毛の原因
加齢に伴う頭皮の血流の低下や、更年期や閉経によるホルモンの変動などが考えられます。出産、閉経、ピルの使用中止、女性ホルモンの変動、甲状腺疾患、急激なダイエットなどで薄毛が進むそうです。また、男性と同じく遺伝的な要因が最も大きいそうです。
女性の薄毛の治療
血液検査で、女性ホルモンや甲状腺ホルモンなどの状態を確認します。そして、血流を改善する外用薬、不足しているホルモンを補充する内服薬や経皮吸収剤、ビタミン剤などを組み合わせます。中には難治性の薄毛もあり、効果が出るのは7〜8割だそうです。公的医療保険のきかない自由診療で、費用は月に3万円前後かかるそうです。
塗り薬・ミノキシジル(リアップ)
女性の脱毛症には、塗り薬・ミノキシジル(リアップ)だけをA評価の治療としてあげています。塗り薬・ミノキシジル(リアップ)は、女性用の商品もでていますが、成分は男性用と同じだそうです。昨年ミノキシジルを1%から5%に高めた製品も男性用に発売されたそうで、指針では、5%の使用を勧めています。
B子さんは、風呂上がりに毎日塗り薬・ミノキシジル(リアップ)を頭皮に塗りました。3ヶ月後には産毛がふえて抜け毛も減りました。しかし、飲み薬のフィナステリド(商品名プロペシア)は、女性には使わないように勧告しています。更年期以降の女性には無効という結果が出ています。妊婦への投与が胎児の正常な発育に影響を与える恐れもあります。

ミノキシジルは、もともとは高血圧の内服薬として開発された薬だそうです。が、塗るだけでは血圧を下げる効果はでません。しかし、高齢者の方が、量を多く塗るとふらつきなどの症状が出ることもあるので、適正な量を守ることが大切です。

ミノキシジル

専門医の話によると、ミノキシジルを投与した人の7〜8割の人に効果が見られたようです。また、70歳、80歳の高齢の人にも効果があったそうです。

ミノキシジルは、今の所自費治療となっているので、月に3万円ほどかかるそうです。ミノキシジルを飲み始めて3ヶ月で生え始め、6ヶ月でだんだんとよくなり、1年後には元の状態に近くなった人もいます。約1年半の治療が必要なようです。そうすると、約54万円が必要になりますね。

しかし、薄毛に悩んでいる人にとっては、もう四六時中薄毛のことを気にしなくてもよく、他のことが考えられ本当に嬉しいと言っておられました。

ミノキシジルは、毛細血管を広げ、血流を促進させ、発毛を促す薬です。ミノキシジルの内服薬対塗り薬の効果は、7〜8対2〜3で、断然内服薬の方が効果があります

しかし、ミノキシジルは、毛細血管を広げる効果があるために心臓疾患、高血圧、低血圧などの病気を持っている人は、主治医と相談されることが大切です。妊娠中や授乳中の人、がん治療中の人には使わないようです。医療機関での診療を受けられますようにお勧めします。

自毛植毛

Cさん60歳は、30歳代から薄毛になり毎日薬を飲んでいました。2年ほど続けていたら、毎日飲むことが嫌になりました。

そして、髪が薄い部分に後頭部の毛を植える自毛植毛の手術を受けました。

後頭部の毛は、抜けにくい性質を持つそうです。毛根を皮膚ごと切り取り、毛根単位に切り分けます。毛が薄い頭皮には針で穴を開けておき、ここに毛根を1つずつ植え込んでいくようです。

費用
1本あたり200〜300円程度だそうです。本数が増えるほど安くなります。約3400本で約85万円です。この後2年後にも追加で約2000本植毛したそうです。

費用はかかりますが、究極の薄毛治療だと、Cさんは満足しています。飲み薬や塗り薬の効果が十分でない人に、十分な経験と技術を持つ医師が行う場合に「勧められる」というB評価になっています。

人工毛植毛術では、皮膚が陥没したり、傷跡が残ったりする報告があり、米国では使用を禁じています。

かつら

Dさんは、かつらを作りました。ばれるのではと思いましたが、取り越し苦労でした。価格は25万円で、毛が抜けるなどしたら、すぐに修理してもらえます。

髪が乱れて不自然に見えないように、鏡を見て頻繁に手ぐしを入れるなどの努力は必要です。

かつらの毛の量は、少し頼りないぐらいの量にするのがコツのようです。2〜3年で作り直すのが目安ですが、丁寧に使う人だと5年以上も使い続けているようです。メーカーによって値段もまちまちのようです。複数のメーカーから話をよく聞いてから作るとよいです。

薄毛を気にしている人の洗髪の仕方など、髪のケア

シャンプー
シャンプーには、アミノ酸系と高級アルコール系があります。その両方が入っている製品もあるそうです。
アミノ酸系のシャンプーの特徴は、洗浄力はやや低く、刺激は弱く、乾燥や頭皮のトラブルのある方にお勧めだそうです。シャンプーの成分にココイル〜やコカミド〜という名前がついていて、ヤシ油や自然成分が使われているようです。
高級アルコール系のシャンプーの特徴は、洗浄力は高く、刺激は強く、頭皮がオイリー(脂症)の人にお勧めだそうです。シャンプーの成分にラウレス〜やラウリル〜という名前がついています。

シャンプーは、夜に1日1回洗えば十分だそうです。薄毛の場所もその場所を綺麗に洗って清潔にし、頭皮のターンオーバーができるようにします。

濡れた髪の乾かし方は、ドライヤーを使って素早く乾かします。濡れたまま寝ると、雑菌が繁殖したり、濡れた髪が擦れてキューティクルが痛んだりで、髪によくありません。

キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/08/26