血糖値が高い

健康診断で血糖値が高い楽天 と言われて、納得のいかない方も多いかと思います。太っていないのに忍び寄る高血糖があると言うのです。そういう場合には、かくれ糖尿病の方が多いそうです。

高血糖への早期対策をして、糖尿病にならないようにしたいものです。

血糖値とは

血糖値とは、血液の中のブドウ糖の量(濃度)のことで、体を動かすのに必要なエネルギーの源になります。

正常な人の血糖値は、朝食前(空腹時)の血糖値は、60-109mg/dl。食後の血糖値は、140mg/dlを超えません。

ヘモグロビンA1Cとは

ヘモグロビンは赤血球の中にたくさんある蛋白で、身体のすみずみまで酸素を運びます。赤血球の寿命は約4ヶ月だそうです。

赤血球はこの間ずっと体内を巡って、血管内のブドウ糖と少しずつ結びつきます。高血糖となり余っている糖が多ければ多いほど、グリコヘモグロビン(HbA1c)も多くなります。

そこで血液中のHbA1c値は、赤血球の寿命の半分くらいにあたる時期の血糖値の平均を反映します。外来で血液検査をすると、その日から1〜2ヶ月前の血糖の状態を推定できることになります。

血糖値を調節するもの

血糖値を上げるホルモンは、グルカゴン、アドレナリンなどのカテコラミン、成長ホルモン、副腎皮質ステロイドなどの複数のホルモンです。血糖値が下がりすぎると体がエネルギー不足になって危険な状態になるのを避けるためにたくさんのホルモンが関与しています。

血糖値を下げるホルモンは、インスリンのみです。体質的にアジア人は、インスリンを作る能力が弱いそうです。

インスリンの働き

インスリンは、すい臓から分泌されているホルモンで、主に血液の中のブドウ糖を肝臓、筋肉、脂肪の細胞の中に移動させます。

1.すい臓からのインスリンの出が悪い(インスリン分泌不全)

2.インスリンが、肝臓や筋肉に脂肪がたまることで効かない・効きが悪い(インスリン抵抗性)

1.または2.の原因によって血糖値が上がるのが糖尿病で、どちらの原因で糖尿病になるかは人によって異なります。

高血糖の原因

内蔵脂肪も貯まっていない、メタボにも引っかかっていないという人が高血糖の場合には、ストレスや緊張によっても血糖値は上がるそうです。

ストレスを低減させるホルモンが血糖値を上げるそうです。

血糖値が高いと起きる症状

血液中にブドウ糖が多いと、糖は水を引くためたくさんの尿が出て、体内の水不足が起きますからのどが渇きます。

細胞の方はブドウ糖が取り込めないので、筋肉などから脂肪やたんぱく質を取り込もうとし、糖尿病が進むと痩せてきます。

糖が血中に多くあると血管や毛細血管を傷つけます。細い血管が障害されると、目の網膜症、腎症、足先などの神経障害が起きます。太い血管が障害されると、脳こうそく、狭心症、心筋こうそくなどが起きます。

境界型糖尿病の人も生活習慣の見直しを

血糖値が少し高い程度でも肥満・脂質異常症」・高血圧などが重なってくると、血管の障害が進行し動脈硬化が早く進むことがわかっています。

そのため「糖尿病型」と判定された人や血糖値が“ちょっと高め”の「境界型」と判定された人も、生活習慣の見直しを行う必要があります。

糖尿病の判定基準
空腹時血糖 ブドウ糖負荷2時間値 対策
正常 110mg/dl以下 140mg/dl以下
境界型 126mg/dl以下 200mg/dl以下 生活習慣を見直す
糖尿病型 126mg/dを超える 200mg/dlを超える すぐ治療を受ける

糖尿病

空腹時で126mg/dlをこえると糖尿病が考えられます。

血糖値が上がって高血糖の状態が続くと、体の免疫力が低下し、体のあちこちに支障がおきるようになります。

糖尿病は初期の段階では、自覚症状がなく放置しておくと合併症を引き起こします。視力障害や腎臓病、脳卒中、心筋梗塞、神経障害などの糖尿病に伴う合併症です。

血糖値を下げる食事

1日に必要なエネルギー量で、過食・偏食を避け1日3食、規則正しく栄養バランスの良い食事を摂ります。

1日の摂取カロリーの計算方法は、*標準体重 × 身体活動量

*標準体重(Kg)=身長(m)×身長(m)×22です。

身体活動量の目安(体重1kgあたり)・軽い25〜30kcal・普通30〜35kcal・重い35kcal〜

低カロリー・低脂肪食で高血糖を改善

低カロリー・低脂肪食といえば、野菜や乾燥の食物繊維をたっぷりとることが重要です。肉類をたくさん摂っている人は減らすとか、脂身を避けるなどです。魚も脂の多いものは、たくさん食べないようにします。

体重の多い人はダイエットすることで、肝臓や筋肉の脂肪が減り血糖値も下がるようです。野菜を中心に、脂肪の少ない食材をバランスよく選択することが必要です。

食事の食べ方を変える

よく噛む
1口30回ぐらい噛むとよいです。早食いは血糖値を上げます。
野菜から食べる
野菜から食べていくことで、脳の満腹中枢を刺激します。
食後1時間以内の運動
食後1時間以内に運動や入浴で汗をかくと血液中の糖分が消費されます。

血糖値を下げる運動

適度な運動は、血液循環をよくし、新陳代謝を高め、ストレス発散にもなります。食後30分〜1時間後に適度な運動を行えば、血糖値を早く下げることができます。ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動を続けることが効果的です。

ウォーキングを10日間続ければ、肝臓の脂肪を30%、筋肉の脂肪を20%減らせたという実験結果もあるようです。初期の糖尿病なら簡単に元に戻れるそうです。

日頃の移動時には早歩きを、階段は一段とばしを心がけている方もいます。調理しながらスクワットなど、日々の生活の中で少し意識していくと、長い間には良いことが起きそうですね。

糖尿病予防法

休日に週1回、趣味で体を動かす、楽しいと思う体を動かすことをすると。血糖値が下がるそうです。ゴルフ、テニス、卓球、山歩き、町歩きなどなど、自分の好きなことをして、ストレスを吹き飛ばすと効果があります。

キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/09/06