肺炎の症状など

高齢者や小さな子どもでは、肺炎で亡くなる人もいます。単なる風邪だと思っていても、肺炎楽天 になっていることもあるようです。

肺炎による死者は、年間10万人以上となっています。そして、今は薬が効きづらい細菌が増え、治療が難しくなっているそうです。肺炎の早期発見法や対処法を調べたいと思います。

肺炎とは

肺炎は、呼吸とともに塵や細菌、ウイルスを吸うことで起きます。風邪をひいたりして体の免疫力が弱っていると肺炎になります。年間11万人が肺炎に罹っています。

また、高齢になると口の中の食べ物や細菌を誤嚥し、気管支から肺へと侵入します。

風邪をひくと、風邪ウイルスによってせん毛上皮細胞がはがれます。元に戻るには3週間かかります。その間は肺炎になりやすいです。

肺炎の原因菌・ウイルス

細菌性肺炎
インフルエンザ菌性肺炎、肺炎球菌性肺炎、黄色ブドウ球菌性肺炎、A群溶血性連鎖球菌、レジオネラ菌、肺炎桿菌など
ウィルス性肺炎
RSウィルス肺炎、パラインフルエンザウィルス肺炎、インフルエンザウィルス肺炎、アデノウィルス肺炎、麻疹ウィルス、水痘ウィルス、サイトメガロウィルスなど
マイコプラズマ肺炎
マイコプラズマという病原微生物
クラミジア肺炎
クラミジア・トラコマチス肺炎、オウム病、クラミジア・ニューモニエ肺炎
ニューモシスチス・カリーニ肺炎
真菌性肺炎
嚥下性(吸引性)肺炎

肺炎の症状

上記の症状のうち、1つでも該当すれば肺炎の疑いがあります。内科や呼吸器科を受診してください。

肺炎と気づきにくい症状
ハアハアと呼吸が速い、ぐったりする、食欲がないなどで、3〜4日続いたら要注意です。ひどくなると、けいれんを起こしたり、意識がもうろうとしたりします。

風邪の場合の症状

70歳代男性の場合の症状

37℃の熱、咳があり、風邪薬を飲みました。2日後に熱、咳が治まりました。その2日後に体がだるくなりましたが、熱はありません。

糖尿病の持病があります。次の日食事を食べる気がしません。そして、息がハアハアと苦しくなりました。

これが肺炎だそうです。持病の糖尿病の上に、風邪をひき免疫力が落ちてしまいました。糖尿病は血糖のコントロールができにくくなり、白血球の働きも弱まり重症化しやすくなります。

他に肺炎を重症化しやす持病は、肺の病気、脳卒中の後、心臓病、腎臓病、肝臓病、がん、膠原病などです。

誤嚥性肺炎の症状

肺炎の検査と治療

肺炎かなと思ったら、胸部レントゲン撮影をします。肺炎になった場所は、白く写ります。

肺炎の治療には抗菌薬を使います。医師に出された薬は、きちんと守って正しい内服をしてください。

肺炎の薬

抗菌薬での治療
痰の培養により原因となっている病原体を特定します。その後感受性試験で有効と認められた抗菌薬を使って治療します。(緊急を要する場合には、感受性試験を行っている時間がない場合もあります)
解熱薬の使用
発熱時の解熱薬や水分補給、去痰薬などは、必要に応じて服用します。解熱薬には様々な副作用があるので、よほどのことが無い限りは、使用を控えたほうが良いそうです。

ワクチン接種についての質問

Q.58歳男性、糖尿病あり、週3回の透析を受けていますが、肺炎球菌ワクチンを受けた方がよいですか?

A.肺炎球菌ワクチンを受けてください。

Q.56歳女性、関節リウマチがあり、ステロイド薬を服用しています。ワクチンの効果がありますか?

A.肺炎球菌ワクチンを受けるとよいです。

年2〜3回の肺炎、原因は何?

年2〜3回の肺炎を起こし、抗生物質の点滴でよくなります。大腸癌、胃ガンで胃を摘出しています。昨年肺炎球菌ワクチンを接種しました。誤嚥性肺炎でしょうか?

胃を摘出しているので、胃の内容物が逆流しているかもわかりません。上半身を少し高くして寝るようにします。顎は引きすぎないようにしてください。

また、風邪をひかないような注意も必要です。体力の維持、禁煙、口の中を清潔に保つ、誤嚥を防ぐ、腹圧をかけないようにする、などです。

59歳男性、気管支が弱い、強くする方法は?

気管支を強くする方法は、風邪の予防です。

下記の「肺炎の予防」の5項目を実践してください。

要介護の人の口腔ケアは、どうすればいいの?

介護用ハブラシは、柄の先に小さなスポンジがついています。

  1. スポンジブラシを使って、舌の後ろから前へと軽くなでていきます。
  2. 上あごの粘膜も汚れやすいので、スポンジブラシを使ってきれいにします。
  3. 歯の奥と頬の間に食べかすが残りやすいので、そこもスポンジブラシを使って残りかすを取ります。
  4. 本人が歯ブラシを使って磨く場合に、柄を太くすると使いやすいこともあります。テープなどを巻いて太くします。
  5. 歯間ブラシを使うと、一番奥の歯の一番奥が磨きやすいです。
  6. デンタルフロスも歯間ブラシと同じように使えます。
  7. 舌ブラシは、舌を前に出してから奥から前へとなでていきます。
  8. 最後にはうがいをして、口にたまったばい菌を外に出して、口の中を清潔にします。

47歳女性、熱だけの肺炎だった、今後定期検査が必要か?

4月、40℃の高熱だけで、咳や痰はなかった。2〜3日前から体がだるかった。

ウイルス性の肺炎だったようです。ウイルスは、一気に増え、高熱が出ます。がんばれるようだったら、むやみに熱は下げない方が、よいこともあります。熱が出ることでウイルスと闘っているからです。

医師から心配事や寝不足、ストレスがあるとなりやすいと言われたそうですが、その通りです。が、定期的に検診を受けなくても、症状が出たら早めに受診することでよいです。

肺結核の人と接点がありました。

結核菌は、空気感染です。肺結核の症状は、熱、食欲がない、体重が減るといったものです。2〜3週間熱が続く場合には、受診します。

血液検査でのQFT検査と胸部X線検査の二つで結核かどうかすぐわかります。薬も現在は良い物がでていますから、そんなに心配されなくても大丈夫です。

肺結核は、人に感染させる可能性があるので、おかしいと感じたらすぐに早めに受診することは大事です。

75歳母、1年間、市販の咳止め薬を使っているが?

慢性閉塞性肺疾患(COPD)かもしれませんね。

市販の咳止め薬を飲んで肺炎になることはないですが、きちんとした診断を受けることが大切です。

3ヶ月前に脳梗塞になり、食事でむせ、誤嚥性肺炎に。

3ヶ月前に脳梗塞になり、左側に麻痺がでました。通院でリハビリを受けています。食事でむせ、誤嚥性肺炎になりました。

94歳男性、肺炎の完治は?

肺炎になり、抗菌薬を投与されました。熱は下がり、食欲も戻りました。CRPも下がりました。胸部X線は、なかなか元に戻りません。完治はいつでしょうか。

胸部X線は、ぼやの燃え残りのように、すぐにはきれいになりません。しかし、食欲も出て、熱も下がり、CRPも下がっているようで完治に近いようです。白血球などの状況をみるとよいです。

肺炎の予防

部屋の温度が低く、乾燥していると、せん毛細胞の働き(異物を外に出す)が弱まります。

食欲不振の場合
1日3〜5回に分けて食べます。卵、おかゆ、白身魚などの食べやすいものを食べます。
ワクチン接種
インフルエンザワクチンを受けます。成人の肺炎の7〜9割を予防し、重症化を防ぎます。肺炎球菌ワクチンも受けます。成人の肺炎の2〜4割を占めます。肺炎球菌は、重症肺炎をおこします。肺炎球菌ワクチンは、5年間の効果があります。ワクチンは、電話で予約して接種を受けます。
歯と舌を磨く
歯は、ハブラシ、糸ようじ、歯間ブラシなどを使ってきれいにします。舌は舌用ブラシを使ってきれいにします。食後3回と寝る前に1回の合計4回磨けば完璧です。
肺の病気がある人(COPDの人)
COPDの人は、肺を広げる薬をちゃんと使っておくことが大切です。
持病のある人
肺の病気、脳卒中の後、心臓病、腎臓病、肝臓病、がん、膠原病のある人は、きちんと治療をしておくことが大切です。重症肺炎になる可能性があります。

誤嚥性肺炎の予防

飲み込む筋肉を鍛える
寝たまま頭だけを持ち上げると、飲み込む機能を鍛えられます。
よく話をする
嚥下をよくすることにつながります。
歌を歌う
嚥下をよくすることにつながります。

肺炎予防の食事の仕方

肺炎の時の食事療法

肺炎の時には、食事による体力補強が大切です。食事作りのポイントがあります。

キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/08/24