膵臓がん・胆のうがん

膵臓がん・胆のう癌は、自覚症状がなく気がついた時には、癌が広がっていると聞きます。膵臓は、お腹の中でも胃の裏側にあり、十二指腸や肝臓に囲まれていて診断もなかなか難しいようです。また、胃がんや大腸がんのようにカメラで見つけることができません。また、自覚症状が現れにくい「沈黙の臓器」と言われています。

年間3万人以上が発症し、死亡数もほぼ同じだそうです。がん死亡数の第4位で、肺、大腸、胃に続いています。5年生存率は10%前後とされます。国立がん研究センターが2016年に発表したもの(421拠点病院集計)では、5年生存率は6.5%、10年生存率は4.9%という数値です。全てのがんの中でも一番低くなっています。2015年には坂東三津五郎さんが60歳で、2016年には千代の富士貢さんが62歳で、ベラ・チャスラフスカさんが75歳でお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。

胆のうがんは、あまり聞きませんが、同じく初期には症状がないそうです。それでも何か良い対策はないでしょうか。膵臓がん・胆のうがんについて調べたいと思います。

膵臓(すいぞう)がんについて

すい臓がんの症状
早い時期には自覚症状はありません。やや進むと、腹痛や腰痛、背部痛、体重減少、黄疸、便通の変化、だるさ、吐き気などもあります。がんが発症した後に糖尿病の急激な発症や悪化が起きる患者さんが8%程度いることもわかっています。診断された時に進行していることが多く、血管や他の臓器と複雑に接しているために、手術で切れるのは一部の人だそうです。多くの人は、抗がん剤で治療しますが、予後は厳しいといいます。
発見時に0~4で表すステージでは、他の臓器に転移した最も進んだ4期の人が43%、0期と1期の合計は12%でした。発症する割合は、60歳ごろから増加し、高齢になるほど高いそうです。近年増加傾向で、喫煙や糖尿病が危険因子と言われています。
膵臓にのう胞ができることがあり、それがガン化することもあります。

膵臓がんの診断

血液検査
血液検査で腫瘍マーカーなどを調べます。
CTや超音波内視鏡
CTでは、ガンの位置や広がりを見ます。CTでは2cm以内の小さながんも発見できるようになって来ました。(ガンは、黒く見えます)超音波内視鏡では、生検もできますし、今では5mmのすい臓がんを見つけることができます。胃の中から、すい臓を観察するようです。
ERP
ERPでは、膵管造影(X腺撮影)をしたり、膵液を採取したりします。

すい臓がん楽天 の治療

手術
転移がなく、血管に広がっていなければ、手術ができます。すい頭部がんは、十二指腸や胃の出口、胆のう、胆管も取ります。膵体部がんの場合は、膵尾部や脾臓も取り、難しい手術となるそうです。手術できる場合も30%と低く、予後も良くないとされています。手術が行えたとしても3年以内に再発する可能性が極めて高く、5年生存率は10〜20%程度とされています。ただし、摘出するすい臓がんの大きさが2cm以下であれば5年生存率は約30%、それ以上の大きさであれば約10%程度となっています。すい臓がんの治療はがんが初期のうちに治療をすることが重要で、早期発見できれば完治も十分に可能となるようです。
抗がん剤
転移がある、手術が難しい場合に使われます。すい臓がんにはジェムザール(塩酸ゲムシタビン)という抗がん剤が使用されています。この薬は週1回、30分程度の点滴で済むため、外来治療も可能です。
抗がん剤の副作用
白血球減少、血小板減少、食欲不振、吐き気、おう吐、だるさなどです。
高度活性化NK細胞療法
高度活性化NK細胞療法とは、がん治療によって弱ってしまった自分のNK細胞を採血し、それを専門の培養機器で培養・活性化させたものを再び体内へ戻すことにより、癌細胞を殺傷していく免疫療法です。

NK細胞活性について

NK細胞はナチュラルキラー細胞と言われ、白血球の中のリンパ球に含まれています。ちなみに、白血球には単球・リンパ球・顆粒球があります。ナチュラルキラー細胞と名前が付いている通りに、体内をパトロールして回りウイルスに、感染した細胞やがん細胞を見つけると直接殺してくれるそうです。NK細胞は、白血球の全体の約15~20%を占めます。

NK細胞活性は高齢化とともに落ちていきます。15歳で平均45%、50歳以上になると20%以下になるようです。人間の細胞は60兆個もあり、1日にはその2%にあたる1兆2000億個が死滅・再生を繰り返しています。その中には突然変異も起き、5000~7000個が相当すると言います。突然変異はがんになりかねません。それを、NK細胞が退治してくれます。NK細胞は感染やがんなどから、日々身を守ってくれています。しかし、NK細胞活性が下がると身が守れなくなります。

NK細胞活性を上げるには

昼食2時間後に仰向けに寝て20分間の腹式呼吸をする

昼食2時間後は、脂肪分の多くが小腸のリンパ管から吸収され、へその上辺りにある乳び槽(リンパ液を貯める場所)に集まり、そこが最も膨らむ時間だから効率が良いのです。リンパ液には、心臓のようなポンプ機能をする臓器がありません。なので、立つ・座る動作が長いと下半身にリンパ液が溜まりやすくなります。そこで、仰向けに寝てリンパ液の流れを良くします。腸からのリンパ液には最強のNK細胞が集まっています。なぜなら、腸は口から外へ繋がっていて異物が入るためにそう進化したのでしょう。深くゆっくりとした腹式呼吸で、乳び槽に溜まったリンパ液を一気に全身に流します。1分に2~3回、1回に20秒かけてゆっくりと腹式呼吸を行いま。これで、最強のNK細胞が全身をパトロールして、悪い細胞を殺してくれます。

入浴で深部体温を1度上げて免疫細胞を鍛える

免疫細胞とは白血球のことで、代表的な物にマクロファージ、樹状細胞、NK細胞があります。免疫細胞は、普通の細胞と同じように適度な負荷とストレスで活動量が増えたり、分裂が盛んになることが分かったそうです。そこで、入浴で体の深部体温を1度上げると、熱がストレスとなり免疫細胞が鍛えられるそうです。そして、この時にNK細胞活性は1.3倍に上昇すると言われます。入浴法は、41度のお湯に15分、肩まで浸かります。目安は、額に汗がにじむ位だそうです。くれぐれも無理をなさらないようにお願いします。高血圧、心臓病などの持病のある方はご遠慮ください。

胆のうがんについて

胆のうがんの初期には症状がありません。膵臓癌と同じ抗がん剤を使います。胆のうがん患者は、50歳代以降に増加します。胆嚢がんの死亡率は女性のほうが高く、男性の約1.2倍、胆道がんでは男性のほうが高く、女性の約1.7倍です。

胆のうがんの症状
胆石、胆のうポリープのある時に見つかるそうです。黄疸、腹痛、腹部腫瘤などの症状が出ます。胆のうがんの6割に胆石が見つかるそうです。大きさが1cm以上の物は、癌であることもあります。

胆のう癌の診断

定期検診
40歳を過ぎたら、年に1回は人間ドックなどの定期検診を受けてください。
血液検査
胆嚢がんの初期では血液検査で異常は出ません。しかし、がんが近くにある胆道を圧迫するようになると、血清ビリルビンやアルカリフォスファターゼ(ALP)が異常高値となり、さらに進むと黄疸が出ることがあります。腫瘍こマーカーも調べます。
画像検査
超音波検査は苦痛が少なく反復してでき、最適です。最近では小さながんや早期のがんが数多く発見できるそうです。超音波検査で胆嚢がよく見えない時や胆嚢に何らかの異常が疑われれば、CTやMRIが行われます。CTやMRIでは、胆嚢がんの確認や周囲への広がりや、他の臓器への転移の有無などがわかります。次に、内視鏡を用いて行う、直接胆道を造影する内視鏡的逆行性胆管造影(ERC)と呼ばれる検査があります。さらに、手術予定の人には、血管造影が行われ、胆嚢がんの肝動脈や門脈への拡がりの有無を調べるそうです。

胆のうがんの治療

手術
手術が基本です。胆のうのみ取る、リンパ節や肝臓の一部も切り取る、膵頭部や十二指腸まで取ることもあります。胆のうがんの進行度により、手術法は変わってきます。遠くに転移していると手術はできません。
抗がん剤
ジェムザーム、ティーエスワン、ユーエフティ、アドリアなどを使うそうです。投与の方法としては、経静脈的投与、経動脈的投与、経口投与、局所投与があります。
放射線療法
一般的にはあまり効果が期待できないそうです。放射線によく反応し、がんが縮小したり、胆管閉塞が改善されるため、黄疸が緩和されるなどの効果がみられることがあります。
キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2017/01/23