主人在宅ストレス症候群

定年退職を迎え、主人が家にずっといることで、妻が病気になる主人在宅ストレス症候群が多くなっているそうです。また、反対に妻の小言に嫌になっている夫もいます。これからは帰宅拒否症候群の男性が増えるともみられています。

夫婦で気をつけることを学び、明るい老後を過ごしたいものです。

妻の病・主人在宅ストレス症候群

62歳女性は、夫と二人暮らしです。10年前に夫の存在が原因の病にかかりました。高度経済成長期にサラリーマンとして会社に勤めていた夫は、亭主関白で、31歳の時に一戸建てを買うと、土日返上で仕事に励みました。

学校で娘がイジメられていた時にも相談にのってくれませんでした。42歳の時にバブル崩壊で、土日は家で休むようになりましたが、家でも仕事を始めました。

妻は52歳の時に、ついにいろんな症状が出て、心療内科を受診し、交感神経が緊張しっぱなしの主人在宅ストレス症候群と診断されました。

主人在宅ストレス症候群の症状

主人在宅ストレス症候群の原因

夫が家にいることにプラスして、

  1. 妻の性格・・・他人に意見することができず、不満を口に出せない。
  2. 夫婦のコミュニケーションの不足、お互いに思いやる気持ちがかけていた。

主人在宅ストレス症候群の治療法

  1. 抗うつ薬を飲む
  2. 夫に不満が言えるようにする
  3. 極度の腰痛におそわれた時に、夫が率先して家事をやるようになってから治ったそうです。

主人在宅ストレス症候群危険度チェック、問診票

妻の考えていることに夫が3問以上答えられないと、妻が主人在宅ストレス症候群にかかる可能性があります。

  1. 妻の悩みは?
  2. 妻の考えるセカンドライフは?
  3. 妻が夫に一番してほしいことは?
  4. 妻が休日したいことは?
  5. 妻を最も怒らせたことは?

夫は妻と二人で旅がしたいと思っているが、妻は一人旅か、友人との旅がいいと考えている人が多いそうです。

男性の更年期障害・LOH症候群

男性ホルモン楽天 の低下、認知力の低下がみられます。テストステロンは、95%が精巣で作られるそうです。テストステロンの急激な減少により、生殖機能の衰えが出ます。

慢性的なストレス、妻からのストレス、ホルモンの急激な低下などから様々な症状が出てきます。

男性の更年期障害・LOH症候群の症状

抑うつ状態、気分変調、睡眠障害、知的活動の低下、発汗、筋力の低下などです。言動や性格は徐々に変化するので、病が見えにくいそうです。

また、うつ病の薬で回復しないこともあります。血液中の男性ホルモンを計ってもらうとよいそうです。この場合には、泌尿器科を受けます。8.5ピコg(70代の平均値)以下だと異常だそうです。

53歳ぐらいで男性の更年期障害・LOH症候群を起こしやすいそうです。子どもの教育やローンの支払いなどがあり、心身ともに大変な時期だからです。

男性の更年期障害・LOH症候群の治療

  1. カウンセリング
  2. 漢方薬
  3. ホルモン補充療法などがあります。
キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/02/03