心不全

2011年11月1日、たけしの家庭の医学で、「内臓のむくみ」という題で放送していました。が、なんと心不全から来る肺のむくみでした。

心不全というと、単に心臓の働きが悪くなるだけと思っていましたから、驚きでした。心不全について学びました。

心不全による肺のむくみ

肺は約1kgでその7〜8割が水分だそうです。正常の場合には、両肺の下の辺りに少し水か溜まっているようですが、心不全で肺のむくみが出た場合には、両肺の下から約3/4の位置ぐらいまで水分がたまるそうです。

50歳代男性の場合

夜に突然咳が止まらなくなりました。1ヶ月後には夜の咳は出なくなりました。その後、少し食べても胃もたれを起こすようになりました。数日後、だるい・倦怠感を覚えました。この時点では、肝臓のむくみが出ていたそうです。

2カ月後に、朝トイレに行った時に倒れ、帰らぬ人となりました。心不全楽天 で左心室の機能低下が起き、血液が渋滞したことから死に至ったようです。血液の渋滞で、心臓の筋肉が痙攣するそうです。

心不全を放おっていたら、5年後には生存率は50%とのことです。

肺のむくみは、何を起こす

肺のむくみは、夜の咳を起こします。

胃のむくみは、胃もたれを起こします。

肝臓のむくみは、倦怠感を起こします。

腸のむくみは、下痢を起こします。

腎臓のむくみは、夜間頻尿を起こします。8時間で3回以上尿でトイレに行くと夜間頻尿になります。顔や足もむくんできます。

心不全のむくみは、時間が経ってもむくみが消えません。

心臓を弱らせる生活習慣とは

減塩の食事の工夫

日本人は平均で1日11gの塩分をとっているそうです。人の1日の塩分必要量は1.5gだそうですが、おいしい味を求めるとだんだん塩分量が増えてしまいます。

塩分摂取量は、1日6g未満にすると、高血圧の予防になり、心臓機能もよくなるそうです。

ある人の塩分摂取量は、1日に12.3gだったそうです。そうすると、左心室の動きが悪くなり、20%も遅くなっていたそうです。そして、心臓が膨れ上がっていました。

ミスト式醤油さしの利用で減塩する

ミスト式醤油さしを利用すると、普通の醤油差しの1/30がワンプッシュとなります。豆腐や焼き物などにかける醤油が少なくなり、減塩につながります。

魔法の塩を使って減塩する

朝夕の血圧測定を

朝夕の血圧測定を続けて、血圧の管理をすることが大切です。高い血圧が続いたら、食生活、運動、ストレスなどについて省みることも必要です。

血圧で一喜一憂するのではなく、ある程度長い期間の流れを見ていくことが必要なようです。

キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/02/03