乳がん

女性の20人に1人が罹ると言われる乳がんですが、自己検診でも見つかるそうなので、日頃から気をつけていきたいと思います。ガンは人ごとと考えないで、自分のために定期的な検診を受けることが大切です。乳がん楽天 について詳しく調べたいと思います。

乳がんとは

日本では、毎年約5万人の女性が、乳がんと診断されています。このうち5〜10%の人が遺伝性のものとされています。そして、約1万人が亡くなっています。乳がんに罹る人のピークは45歳で、死亡のピークは55歳と言われています。

乳がんの大部分は、紫外線・放射線・薬物・環境ホルモンなどといった、種々の環境因子によって遺伝子に傷がついて起こそうです。

乳がんは、他のがんに比べ家族に患者がいる人の発症率が高いのが特徴だそうです。血縁者に2人以上、乳がんや卵巣がんの患者がいる人は、最低年1回は検診を受けたほうがよいそうです。

また、片方が乳がんになった場合にも、もう片方もガン化する危険性が高いので注意が必要とのことです。

大人の女性の乳房は、乳頭を中心に乳腺が放射状に15〜20個並んでいます。れぞれの乳腺は小葉に分かれ、小葉は乳管という管でつながっています。乳がんの約90%はこの乳管から発生し、乳管がんと呼ばれます。小葉から発生する乳がんが約5〜10%あり、小葉がんと呼ばれます。

また、エストロゲンという女性ホルモンの影響が大きいと考えられています。

女性の20人に1人が罹ると言われる乳がんの発症は、40〜50歳代でピークを迎えます。厚労省は、40歳以上に隔年で視触診とマンモグラフィーを勧めています。しかし、受診率は20.3%(2007年)にとどまっています。40〜49歳では、検診で死亡率が15%下がるとされています。

また、マンモグラフィー単独では15%の見逃しがありますが、超音波、触診を組み合わせれば99%を発見できるそうです。

乳がん患者の3割が検診で見つかり、残りの7割は、胸のしこりや乳首からの出血がきっかけで発見されるようです。

また、せっかくマンモグラフィー検査を受けても、要精検と言われたら20%の人が、要精検を受けていないそうです。

乳がんの進行

乳房にできた1個のがん細胞が直径1cmになるまでに約10年かかると考えられています。その後がん細胞は細胞分裂を繰り返し、1年で約2倍の大きさになります。今年1cmの乳がんであれば翌年には2cm、翌々年は4cmになります。

乳がんに罹りやすい人

日本人の生活スタイルの変化や食生活の欧米化(脂肪の多い食事)などが乳がんの増加に影響していると言われます。

また、高齢初産や子供を産まない選択など、現代人の生き方が女性の身体にも大きな変化を及ぼしているそうです。

  1. 未婚の人、出産経験がない人
  2. 出産回数が少ない人
  3. 初潮が早かった人
  4. 初産が30歳以降だった人
  5. 年齢が40歳以上の人
  6. 閉経年齢が55歳以降だった人
  7. 太っている人、肥満の人
  8. 乳がんに罹ったことがある人
  9. 血縁者で乳がんに罹った人がいる人、遺伝的要因のある人

乳がんの症状

乳房のしこり
乳がんのしこりは5mm〜1cmぐらいの大きさだと、自分でもわかります。この段階での早期発見が大事です。お風呂に入った時に、乳房に石鹸をつけて、腕を上げて指の先でこすると、コツンと指先に当たるそうです。乳首はつまんで出血があるか見ます。月に1回、生理後4〜5日後くらいが自己検診によいそうです。
えくぼなど皮膚の変化
乳がんが乳房の皮膚の近くに達すると、えくぼのようなくぼみができたり、皮膚が赤く腫(は)れたりただれたりします。バンザイをして、乳房の左右差、ひきつれ、くぼみがの有無を調べます。乳房のしこりが明らかではなく、乳房表面の皮膚がオレンジの皮のように赤くなり、痛みや熱感を伴う場合、「炎症性乳がん」と呼び、これは、乳がん細胞が皮膚のリンパ管の中に詰まっているためで、それだけ全身的な転移をきたしやすいそうです。
リンパ節の腫れ
わきの下のリンパ節(腋窩リンパ節)、胸骨のそばのリンパ節(内胸リンパ節)や鎖骨の上下のリンパ節(鎖骨上リンパ節、鎖骨下リンパ節)に転移をしやすく、これらのリンパ節を「領域リンパ節」と言います。領域リンパ節が大きくなってくると腕がむくんできたり、腕のしびれをきたしたりすることがあります。
乳頭からの分泌液など
特に血性の分泌液は要注意だそうです。また、乳頭の陥没やびらんにも注意が必要です。
転移した時
腰、背中、肩の痛みなどが持続する場合は骨転移が疑われ、荷重がかかる部位にできた場合には骨折を起こす危険もあります。肺転移の場合は咳が出たり、息が苦しくなることがあります。肝臓の転移は症状が出にくいですが、肝臓が大きくなると腹部が張ったり、食欲がなくなることもあり、痛みや黄疸が出ることもあります。

乳がんの好発部位、できやすい場所

乳房を十文字に切って4つの部位と乳頭との合計5つの部位で表します。

外側上部(腕に近い)45%、内側上部23%、外側下部14%、乳頭8%、内側下部7%となっています。

乳がんの診断

乳がん検診は、40歳以上の女性には2年に1回、マンモグラフィーと触診が勧められています。2007年の受診率は全国平均で20%でした。国が目標としている50%には程遠いのが現状です。

75歳まで定期的にマンモグラフィー検査を受けたほうがよく、後は自己検診でよいそうです。

レントゲン撮影(マンモグラフィー)
マンモグラフィーは乳房を装置に挟んで圧迫しX線撮影する検査です。マンモグラフィーでは、石灰化した砂つぶ様の物も見つけられます。マンモグラフィーは、ガンの発見が100%ではありません。そして、精密検査を受けなさいと言われても、ほとんどの人に異常はありません。が、現在の乳がん検診では、このマンモグラフィーが一番なのです。この辺りをよく考慮して、恐れず、しかしあなどらずマンモグラフィーを活用して、自分の胸を守りたいものですね。
画像検査
乳腺の超音波検査、MRI検査、CT検査なども行われます。超音波検査では、しこりを作るタイプが見つけられます。
穿刺吸引細胞診と針生検
しこりに細い注射針を刺して細胞を吸いとって調べる「穿刺吸引細胞診」により、がんかどうかの診断が確定します。さらに、太い針を刺してしこりの一部の組織を採取することもあります(針生検)。触診では明らかなしこりを触れず、画像検査だけで異常が指摘されるような場合には、マンモトーム生検と呼ばれる特殊な針生検を行うこともあります。
転移の検査
遠隔転移の診断のためには、胸部レントゲン撮影、肝臓のCTや超音波検査、骨のアイソトープ検査(骨シンチグラフィ)などが行われます。乳がんはリンパ管を通りわきの下のリンパ節に転移しますから、手術中にわきの下のリンパ節2、3個を取り、転移を調べます。これを、センチネルリンパ節生検と言い、ある病院では約19%の方に転移があったそうです。

40歳代女性はマンモグラフィーで不利益を受けている

2009年11月、アメリカで40代女性のマンモグラフィー検診が、不利益が利益を上回るとして、推奨から外されることになったそうです

癌が見つかるよりもX線の影響や、癌と疑われて精密検査を受けたり(乳房に針を刺して組織を取る)、がんの疑いと言われ精神的な負担があったりという不利益が多いと言うことです。

マンモグラフィーでは、乳癌は白く写りますが、40歳代はまだ乳腺が発達していて乳腺が白く写り、癌が疑われる(擬陽性)ことが多いのです。

ガンで無かったのに精密検査を受けた人の割合は1000人当たり、40歳代では86.3人、50歳代では61.3人、60歳代では48人となっています。ガンが見つかるのは、1000人当たり1、2人だそうです。時間とお金がもったいないとも言えるそうです。

そこで、40代女性のマンモグラフィー検診は、2年に1度の検診を推奨するそうです。

家族に乳がんの人がいる場合は、別の検診となります。4〜6ヶ月に1度検診が必要な人もいます。主治医を持ち相談してください。

マンモグラフィー+超音波検査の有効性を調査・研究中

「40歳代女性はマンモグラフィーで不利益を受けている」などの問題が出ている今、マンモグラフィー+超音波検査の検診で、見逃しやムダがどれほどあるか、という調査・研究がなされています。

40歳代女性7万人が参加しています。早ければ3年後に結果が出るそうです。

ジャパン・マンモグラフィー・サンデー(JMS)

乳がんの早期発見を訴えるピンクリボン運動 月間の10月に、第3日曜日を全国どこでも乳房のエックス線撮影(マンモグラフィー)検診のできる日にしようという取り組みが広がっています。

昨年度は、218医療機関が参加したそうです。今年10月17日には、270を超える病院で検診を受け付けたそうです。

厚労省は、昨年度、子宮頸がんも含めた女性のがんの検診一部無料化を実施しました。乳がんは、40〜60歳、子宮頸がんは、20〜40歳で特定の年齢を対象にクーポンが配布されました。

乳がんの治療

手術
乳房全摘術(乳房を全て切除)、と温存手術(がんと周辺を取り除き、乳房は残す)があります。患部のみを切除し、乳房を温存する手術が7割まで増えたそうです。温存療法の約5%が乳房に再発するそうです。手術後のリンパ浮腫には、マッサージをします。腕を心臓より高く上げて、小鳥をなでるように優しく行うのがポイントだそうです。
乳房再建術
手術で失われた乳房を自分の筋肉、または人工物を使用し形成する手術です。シリコーンや自分の腹部や背中の筋肉を利用した乳房再建も盛んです。首や肩こり、常に片頭痛がし、片方の肩が下がっているので、手術から約10年後に乳房再建術を受けられた方もいます。乳がんの手術後6ヶ月以上経ってから行います。人工乳房を使う方法は、全額自費となるようです。筋肉と皮膚を伸ばさないといけないので、半年から1年かかるそうです。費用は目安として約60〜100万円ほどかかるそうです。
放射線療法
放射線にはがん細胞を死滅させる効果があります。放射線治療は放射線照射を行った部分にだけ効果を発揮する局所療法です。
薬物療法
乳がんの治療に用いられる薬は、ホルモン療法、化学療法、新しい分子標的療法の3種類に大別されます。ホルモン療法は、ホルモン療法には抗エストロゲン剤、選択的アロマターゼ阻害剤、黄体ホルモン分泌刺激ホルモン抑制剤などがあります。乳がんの術後や転移性乳がんに用いられる「タモキシフェン」は代表的な抗エストロゲン剤であり、女性ホルモンのエストロゲン受容体への結合を阻害します。化学療法(抗がん剤)は、化学療法は細胞分裂のいろいろな段階に働きかけてがん細胞を死滅させる効果があり、乳がんは比較的化学療法に反応しやすいがんとされています。新しい分子標的療法(ハーセプチン)乳がんのうち20〜30%は、乳がん細胞の表面にHER2タンパクと呼ばれるタンパク質をたくさん持っており、このHER2タンパクは乳がんの増殖に関与していると考えられています。最近HER2をねらい撃ちした治療法(分子標的療法)が開発され、乳がん治療を大きく変えました。ハーセプチン治療はHER2タンパク、あるいはHER2遺伝子を過剰に持っている乳がんにのみ効果が期待されます。
抗がん剤の副作用
ほぼ100%に脱毛が見られ、口内炎や爪の変形などもあるようです。新しい吐き気止め、白血球を増やす注射などの副作用の対策は進歩しています。頭髪の脱毛は、女性にとって知っていてもショック・悲しいことです。かつらや帽子の着用で乗り切って欲しいです。吐き気・嘔吐、全身の痛み、眉毛の脱毛などの悩みが多いようです。
乳がんの再発
国立がんセンター東病院化学療法科の向井博文さんは「すでに最初の診断の時点でがんが転移していて、もはや手術ができない人が1割、手術や薬物療法などの初期治療で完治する人が5〜6割、残りが手術やその他の治療をしても再発するという人で、3〜4割ということになります。再発のしやすさは、はじめにがんと診断された時点での進行度によって違ってきます」と、言っておられます。1期ならば再発率は1割以下だが、2期になると3〜4割、3期以上になると半分以上の人に再発するといいます。乳がんの場合は再発しても、他のがんに比べるとゆっくり成長します。再発の70%はホルモン療法が効き、30%は抗がん剤を使いますがどちらも種類は様々あるそうです。

遺伝性乳がん

遺伝性乳がんは、乳がんの5〜10%を占めるそうです。近年、原因遺伝子(BRCA1、2)が特定されました。変異があると70歳までに8割以上が発症するとの報告もあるようです。乳がんになるリスクは、変異がない人に比べて7〜17倍だそうです。卵巣癌では3〜12倍高まるとされています。

50%の確率で遺伝し、20歳代、30歳代の若い発症が多いと言う特徴があります。そして、卵巣癌のリスクも高まるそうです。

  1. 乳がんや卵巣がんになった血縁者が3人以上いる。
  2. 40歳未満で乳がんにかかった血縁者がいる。
  3. 同じ人で何度もがんにかかった血縁者がいる。

以上の条件に当てはまる数が多いほど疑いが高くなるそうです。

アメリカでは、8人に1人に乳がんが発症します。日本人では20人に1人の割合となっています。乳がんの5〜10%が遺伝性乳がんで、その内の7割がBRCA遺伝子の変異によるものだそうです。日本では、まだそこまでの統計はできていません。

遺伝性乳がんの検査

遺伝子検査

遺伝性乳がんは、血液検査でわかり、こまめな検診で、早期発見につなげることができるそうです。

遺伝の専門知識のある医師や遺伝カウンセラーによる検査前後のカウンセリングが不可欠だそうです。細胞のなかにある染色体のDNAを調べます。DNAの13番目または、17番目のどちらかに変異があると、乳がんになる可能性があるそうです。遺伝子検査は、保険はきかず、発症者の場合で、20万円前後かかるそうです。

BRCAに変異があると、片方に乳がんが見つかった人で、もう片方に乳がんができる可能性は12%だそうです。そして、卵巣癌は16%の可能性のようです。

アメリカ、ユタ州の検査企業「ミリアド」社が、二つの遺伝子配列の特許を保有し、年間300億円以上の売り上げ高となっています。同社の市場独占で価格競争が阻まれ、これらの遺伝子の研究や検査に同社の許可が必要で、患者や研究者から不満が募り、2009年5月に同社の特許取り消しを求めた提訴に発展したそうです。

ニューヨーク地裁は、2010年3月の判決で「遺伝子は自然の産物で、特許は無効」と特許の取り消しを命令しました。が同社が控訴したために現在も係争中だそうです。

日本では、京都市のファルコバイオシステムズが2000年、ミリアド社と国内販売権を契約しました。2008年から検査が始まり2011年2月末までに100人強が検査を受けました。検査契約をした病院は3年前の倍の約40施設に増えたそうです。しかし、まだ高額なので、「保険診療になるか、自費で10万円以下にならないと普及しない」とみている医師もいます。

母・自分・娘が乳がんの危機

この女性は52歳ですが、母親も52歳で乳がんに罹っていました。そして、妹は30歳で乳がんになり、5年後に亡くなっていました。二人の娘さんも、母親と同じ遺伝子かどうか調べました。費用は1人につき、5万円かかったそうです。

次女の方にBRCAの変異が見つかりました。そこで、50歳までに乳がんになる確率が20%と言われました。20歳後半から半年に一度、乳がん検診を受けることにしました。また、25歳から4〜6ヶ月に1回、卵巣癌検診も受けることにしました。

日本乳癌学会

日本乳癌学会で遺伝性乳癌に関する研究班長の昭和大学病院ブレストセンター長・中村清吾さんは、「結婚・出産前の女性の場合、精神面での影響は大きい。受診を考えている人は遺伝カウンセリングの体制について事前によく確認してほしい」と、呼びかけておられます。

詳しくは、www.familial-brca.jp/をご覧ください。

がん電話情報センター 0570-055224受付時間:平日は12:00〜17:00(祝祭日、年末年始、夏期休業を除く)12月29日(水)〜1月4日(火)は、年末年始のため休業いたします。

がん相談ホットライン 03-3562-7830 毎日(祝日を除く)10:00〜18:00 がん相談ホットラインでは、看護師や社会福祉士が、患者さんや家族、友人などからのご相談をお受けしています。相談内容の秘密は厳守します。相談は無料で、原則20分です。お名前は名乗らなくて結構です。電話代は負担していただきます。

乳がんについての質問と答え・Q&A

Q良性のものが、悪性になりますか。
悪性にはなりませんが、小さい石灰化が増えるかどうか見ていく必要があります。乳管の中に石灰化があると悪性のことが多いそうです。乳管の外に石灰化しているのは良性です。
Q乳腺炎がガンになることがありますか。
少しはあり、ガンになります。
Q5mm大の円形腫瘍、半年後に再診と言われました。良性の可能性が大きいそうです。
乳がんだと半年で2倍になります。心配なら細胞検査を受けるとよいそうです。
Qのう腫といわれました。ガン化しますか。
のう種は、水がたまっている袋のことです。ガン化はしません。
Q乳がんは痛みがないのですか。
痛みがあるガンもあります。
Q「グレード」と「ステージ」はどう違いますか。
ステージ(病気)はしこりの大きさやリンパ節転移の状態で、病気の進行度を表します。グレードは、顕微鏡検査による細胞や組織の異型度による悪性度の評価です。
Q切らずに乳がんを治すことは可能ですか。
一部の病院では、がん組織に針を刺して熱で焼き固める「ラジオ波凝固療法」、超音波で焼ききる「集束超音波手術」などを行っています。ただ、治験段階の治療なで、手術と同じ治癒が得られるかどうかは不明です。
Q70歳代女性、手術後の傷がふさがらず放射線療法を受けられません。
手術後2ヶ月以内に放射線を当てるのが普通です。手術後に抗癌剤を使うと手術後6ヶ月から放射線療法を始めます。この人の場合には、傷が治ってから放射線を当てないと、ますます傷が治りにくくなるそうです。
Qホルモン療法は何年つづきますか。
ホルモン療法は手術後5年間勧められています。再発の8割は5年以内に起こるからです。閉経後の女性に対し、最近、途中でタモキシフェンからアロマターゼ阻害薬に切り替える方法が行われます。治療効果は上がりますが、手のこわばりやほてりなどの副作用の懸念もあります。
Q40歳代女性、初期の乳がんで手術後ホルモン療法を受けています。が、ホットフラッシュが出て、しばらく様子を見ています。夜が眠れません。
主治医とよく相談され、抗鬱剤などを使うことも考えられます。保険適応外になります。
Q抗癌剤の副作用がひどいが、続けるべきでしょうか。
10年後の再発率50%が、抗癌剤の使用で30%に減ります。主治医と相談してください。
Q放射線治療を受けて半年経つが、皮膚がひりひりし、傷口も固いです。
腫れやむくみが出ます。皮膚の症状が元に戻るのに時間がかかります。年単位と考えるとよいようです。黒ずんでいるのも多くの人に見られます。2年くらいでなくなります。だんだんによくなっていくそうです。
Q手術後の定期健診はどの程度受ければよいのですか。
手術後〜3年までは、3ヶ月に1回、4〜5年後には半年〜1年に1回、それ以降は1年毎に1回検診を受けるようにします。
Q一人暮らしで抗癌剤治療が受けられますか。
外来通院ができる人ならOKです。今では、外来治療がほとんどです。
キキョウの花
RSS
Google+
Author:Tomoko Ishikawa Valid HTML5 Valid CSS
PageSpeed

広告
楽天市場

更新日:2016/09/05